今年の短期トレードの結果をまとめてみた。退屈しのぎのトレードの割には・・・

 

こんにちは。たかです。

僕は、老後資金を稼ぐために、インデックス投資を行っています。

このインデックス投資って、長期ホールドが基本ですので、買うことはあっても売ることはありません。

なので、とっても退屈なんですね・・・

この『退屈』が、インデックス投資の唯一の弱点かもしれません。

ってことで、僕はインデックス投資の傍らで、短期トレードも行っています。

今日は、今年1年の短期トレードの結果を書いてみたいと思います。

さて、利益は出たのか?

トレード方法は?

結果を書く前に、僕の短期トレードの方法を書いてみたいと思います。

今年の初め、1月から6月くらいまでは、日本の個別銘柄でトレードをしていました。

方法は、5日移動平均線が20日移動平均線を上回った時に、購入するというやり方です。

チャートとにらめっこしながら、取引をしていたんですが、なかなか、難しかったですね・・・

あまりにもストレスがかかって来たので、このやり方は、6月で止めにしました。

7月からは、NASDAQに連動するETF(NFNASDAQ1545)に投資をする事にしました。

やり方は、こんな感じです。

まず、適当に購入します。

そこから上昇すれば、すぐに利確し、利確したその日に、また購入します。

翌日、さらに株価が上昇すれば利確し、さらに購入もします。

逆に、株価が下落していけば、ナンピン買いをします。

そのうち、株価は上がってきますので、その時点で、利確するわけです。

ちょっと、分かりづらいですよね・・・

結果は?

では、結果を書いてみたいと思います。

月ごとの利益金額を書いてみます。

1月:+73,881円
2月:+47,754円
3月:+43,871円
4月:ー132,534円
5月:+9,705円
6月:+1,459円
7月:+75,670円
8月:+95,726円
9月:+34,162円
10月:+116,938円
11月:+77,377円
12月:+63,239円

合計すると、約50万円くらいになりますね。

案外、勝ってましたね・・・

ご覧いただけると分かるんですが、4月に個別株で、かなりやられました。

この時に、個別株の怖さを知りましたね・・・

個別株は、株価が下落すると、なかなか戻ってきません。

なので、ちゃんと損切りしないと、とんでもない事になります。

僕は、ナンピンしていたので、どんどん含み損が広がり、最終的には、大きな損切りをする事になりました。

それ以来、個別株でのナンピンはやめたって感じですね。

7月からは、指数に連動するETFに投資するようになりましたので、安心してナンピン出来ます。

基本的には、指数はいつかは戻ってきます。

この辺りが、個別株との違いでしょうか。

最後に

来年も、NASDAQに連動するETFに、短期でトレードしていきたいと思います。

そして、そこから出た利益は、再度、レバレッジNASDAQに投資をしていきたいと思います。

レバレッジをかけて、さらに大きな資産に育てていきたいと思っています。

『老後のお金のなる木』をもう一本、増やしていきたいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。