アメリカはロシアに侵攻してほしいんじゃないかな・・・お金もうけのために。

 

こんにちは。たかです。

この記事を書いているのは、2月21日です。

いまのところ、ロシアは、ウクライナに侵攻していません。

しかし、アメリカのバイデンさんやブリンケンさんは、『プーチン大統領はウクライナへの侵攻を決断した!』なんてことを言っています。

まあ、たしかに、そのとおりなのかもしれませんが・・・

でも、僕は性格が曲がっているせいか、ちょっと違う考えを持っています。

もしかしたら、アメリカは、ロシアに侵攻してほしいと思っているのではないか?

そう思っています。

天然ガスを売りたい

その理由は、アメリカは、ヨーロッパに天然ガスを売りたいんじゃないのかな?って思っているからです。

ヨーロッパでは、ロシアの天然ガスが多く使われています。

ドイツなんかは、ロシアと協力して、パイプラインを作っています。

そうなると、アメリカの天然ガスは、ヨーロッパで売り上げを上げることが出来ません。

しかし、今回、もし、ロシアがウクライナに侵攻すれば、経済的制裁を与えることが出来ます。

SWIFTからロシアを追い出し、輸出できないようにすることが出来ます。

そうなれば、ヨーロッパは、アメリカから天然ガスを買わないといけません。

ってことは、アメリカは、ボロ儲けできるわけです。

ん~、ちょっと、考えすぎですかね・・・

ロシアは困らない?

もし仮に、ロシアが経済制裁を受けても、ロシア自体は、あまり困らないかもしれません。

なぜかと言うと、中国と貿易すればいいからです。

天然ガスだって、中国に買ってもらえばいいわけですからね。

そう考えると、一番困るのは、誰なのか?

それは、ヨーロッパ諸国の人たち、そして、日本です。

天然ガスをアメリカから買うことになれば、当然、タンカーで運んできますから、値段は高くなるはず。

きっと、ロシアから買うより、高くなるんじゃないですかね・・・

日本だって、ロシアから天然ガスを買ってますから、もちろん、日本も困ったことになるわけです。

もし、僕の考えがあっているのなら、ホントに迷惑ですよね・・・

最後に

今日は、僕の妄想を書きました。

もし、ロシアが侵攻したら、経済的に混乱するでしょうね。

そうなれば、株価は暴落・・・

ってことは、今は、株価が底を打つまで、じっと我慢していた方が良いですかね。

どうなることやら・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。