45歳でアーリーリタイアするなら、どのくらい貯金していけばいいか考えてみた

 

こんにちは。たかです。

今年に入ってから、早期退職者の募集をする会社が増えてきましたね。

2019年1月~11月に早期退職者を募集した上場企業は、36社だったそうです。

対象人数は1万1351人もいたんだそうですよ・・・

昨年の3倍にもなるんだそうです。

いよいよ、『サラリーマンは安泰』と言われる時代は、終わりを告げようとしているみたいです。

対象者の年齢も、だいたい、45歳から50歳以上の企業がほとんどですね。

ってことは、45歳でサラリーマンを引退するってことも、頭に入れておいたほうが良いかもしれません。

そこで、今日は、『もし、45歳でアーリーリタイアするなら、いくら貯金をしていけばいいか?』について考えてみました。

45歳時点の目標貯金額は?

仮に、45歳以降は月10万円で生活することが出来るとします。

そうなると、年間で120万円が必要になります。

85歳まで生き延びたとしたら、45歳から85歳までの40年間分の生活費を準備しないといけません。

ってことは、120万円×40年=4800万円が必要になります。

住居費を払いたくないので、45歳で1000万円の家を購入したとします。

1000万円くらいの家なら、たくさんありますから。

その費用を上乗せるすると、4800万円+1000万円=5800万円を準備しないといけません。

さて、大学卒業後に、どのくらい貯めればいいですかね?

23年間で5800万円を貯めるには?

22歳で大学を卒業し、45歳までの23年間で、5800万円を貯めるには、どうしたらいいでしょうか?

毎年250万円ずつ、23年間貯金したとします。

すると、250万円×23年=5750万円になります。

若干足りませんが、いい感じですよね。

でも・・・

毎年250万円はきついですかね。

そこで、配当利回り3%の株を購入して、配当金を得たいと思います。

そして、それを再投資していきます。

そうすると、毎年180万円ずつ投資していけば、23年後には約6000万円に到達します。

まあ、リスクはありますがね・・・

年収はいくら必要か?

毎年180万円を投資するって、いくらくらい年収があればいいでしょうか?

22歳から45歳までは、家賃5万円の賃貸に住むとします。

その他の生活費を10万円としたら、合計で月に15万円が必要になります。

年間では15万円×12か月=180万円の生活費を準備しないといけません。

それに、投資額の180万円が必要ですので、合わせると、180万円+180万円=360万円の手取り額が必要になります。

税金を引かれる前の年収であれば、約450万円くらいになりますかね。

これよりも、もっと年収が高い人は、楽にリアイア資金を貯めることが出来そうです。

45歳からはフリーランス

先ほどの計算によれば、年収450万円あって、毎年180万円を投資すれば、45さいでアーリーリタイアが出来そうです。

でも、完全にリタイアする必要はありません。

アルバイトなどの仕事をやってもいいでしょう。

あるいは、フリーランスとして、働いてもいいわけです。

仮に、フリーランスとして無収入であっても、生活費には困りません。

ちゃんと、生きていけるお金は準備出来ていますから。

もし、『一切、働いたくない!』のであれば、無職無収入生活をやればいいだけです。

いろんな選択肢が出て来て、楽しくないですか?

40代で早期退職して自由に生きる

最後に

我が家の場合、夫婦2人でも、月の生活費は15万円くらいです。

もっと、節約すれば、10万円でも生活可能です。

ってことは、結婚してもアーリーリタイアは可能なわけです。

2人で働いて年収450万円なら、比較的、楽なんじゃないですかね。

ただし・・・

子供が出来ると、話は変わってきます。

子供一人あたり、すべて私立の学校に通ったら、学費2000万円くらいかかると言われていますからね・・

その分、別途、貯金しないといけません。

現在、30代の方でも、やり方によっては、45歳アーリーリタイアも可能だと思います。

『死ぬほど仕事がつらい・・・』って方は、思いつめることなく、こんな生き方を模索してみるのも、いいかもしれませんよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。