僕のアーリーリタイア資金を教えたら27歳の銀行員に心配された・・・

 

こんにちは。たかです。

先日、国債を購入するための手続きをしようと思って、銀行に行ってきました。

対応してくれたのは、27歳の女性の銀行員の方でした。

まあ、話好きの女の子で、手続きをするまでに30分も話し込んでしまいました。

内心、『早くしてよ・・・』って思っていたんですがね。

ひとしきり、話しこんだ後、やっと、手続きの作業に移りました。

いろんな書類にサインをしないといけないんですが、その中に、『総金融資産』を書く欄があったんです。

で、思わず、『これって、書かないといけませんか?』って銀行員さんに聞いたら、『そうですね、お願いします』だって。

なんの意味があるか知りませんが、正直に書いたんです。

そしたら・・・

その銀行員さんが思わず一言、『たかさん、この金額でリタイアされたんですか?』だって。

資産運用を提案される

27歳の銀行員さんも、僕の所持金を知って、『この人、大丈夫か?』って思ったんでしょうね。

その銀行員さんは、僕に、こんなことを言ってきたんです。

『たかさん、資産運用して、リタイア資金を増やしませんか?』

『今なら、利回り14%の商品があります』

『ちょっと、大きなお金は必要になりますが、リタイア資金を増やせると思いますよ』って。

27歳の方に心配されるようでは、いくら何でも、僕はポンコツすぎますね・・・

でも、利回り14%って、おいしくないですか?

元金1000万円必要

詳しくは聞いてないんですが、どうやら、仕組み債のようです。

しかし、ノックイン水準がかなり高めに設定してあるようでした。

ですので、ちょっとでも株価が下がれば、ノックインしてしまうって感じでした。

そこで、こう聞いてみました。

『これって、元本保証はあるんですか?』って。

そしたら、こう返ってきました。

『いいえ、元本保証はありません』

『ですが、ノックインしても、株券で戻ってきますので、そのまま持っておけば、元本まで戻る可能性はあります』だって。

思わず、こう言ってしまいました。

『では、1000万円が半分になるかもしれないんですよね?』

『もし、そうなったら、リタイア資金も半額なるってことでしょ?』

『そんなこと、あなたなら、できますか?』

『もし、そんなことになったら、僕死んじゃいますよ』って。

そしたら、『あ~、そうですね、すみませんでした・・・』だって。

ちょっと、27歳の子にきつく言いすぎましたかね・・・

ホントに心配してたのかな?

銀行からの帰り道、こう思ったんです。

『あの子は、ホントに心配して勧めてきたんだろうか?』

『それとも、いいカモだ!って思ったんだろうか?』

ん~、真相はよく分かりません。

ですが、利回り14%って言われると、高齢者の方は、投資するんじゃないですかね。

今のお年寄りは、お金持ちですから、1000万円くらい出しそうじゃないですか。

でも、そんなにおいしい話はありません。

結局、損するんだと思います。

そして、最後は、『銀行に騙された!』なんてことを言うんだと思います。

ファンドのプロと考える初めての資産運用 人生100年時代の投信活用術 (現代の錬金術師シリーズ)

新品価格
¥2,200から
(2020/3/27 17:56時点)

最後に

27歳の銀行員さんに心配されたのはショックでしたね・・・

まあ、僕の金融資産を見れば、みんな『あんた、大丈夫?』って思うんでしょう。

よーく、分かりました。

でも、僕の予定では、何とかなるはずなんですが・・・

そんなお金しか持ってない僕ですが、この先どうなるか、ブログの中に書いていきたいと思います。

生きていればの話しですがね・・・

ブログのタイトルも『極貧アーリーリタイア』にでも、変更したほうがいいのかな?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。