49歳で離婚すると厳しくなるのかな・・・妻と仲良くしたほうが良いなぁ

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『49歳で離婚、貯金960万円。人生の方向性に悩んでいます』です。

ん・・・この年齢で離婚すると、人生が大きく変わってしまいますね。

もし、僕が離婚することになったら、間違いなく、働きに行かないと生きていけません。

だって、資産の半分は妻に持って行かれますからね・・・

さて、この記事に登場する方は、この先、どうなるんでしょうか?

ちょっと、考えてみました。

登場する方は?

50歳の独身女性です。

49歳の時に離婚して、今では、契約社員として働いているようです。

月の収入は約19万円、ボーナスは年間で8万円なんだそうです。

年収にすると、約300万円くらいでしょうか。

貯金は、960万円お持ちのようです。

まあ、今すぐ、生活に困ることが無さそうですね。

公的年金は、年間で約130万円ほど予定しているようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:5万円

・食費:3万2000円

・光熱費:1万4000円

・通信費:1万6000円

・趣味娯楽:4万5000円

・保険料:3万5500円

合計すると、約19万円になります。

月の収入は19万円ですから、プラスマイナスゼロですね・・・

ってことは、貯金はほとんど出来ないってことになります。

65歳まで働いたら?

もし仮に、今の職場で65歳まで働くことが出来れば、どうなるでしょうか?

現状、貯金はほどんど出来ませんので、65歳時点の貯金額は、960万円のままです。

ちょっと、心細いですかね・・・

そして、65歳からは、年金で生活するとします。

月の生活費は19万円ですから、年間では、19万円×12か月=228万円が必要になります。

ところが、受給できる年金額は、約130万円です。

なので、228万円ー130万円=98万円の赤字になるわけです。

これを貯金で補填すると、960万円÷98万円=約10年で貯金は底をついてしまいます。

ってことは、この女性が75歳になったら、一文無しってことです。

これは、かなりマズいですね。

僕ならこうする

では、どうしたらいいでしょうか?

僕なら、まず、保険をすべてやめてしまいます。

そうすれば、月に3万5000円が浮いてきます。

こうすることで、年間で、3万5000円×12か月=42万円を貯金することができます。

これを65歳まで続ければ、42万円×15年=630万円を貯金することが出来ます。

すると、かなり余裕が出来ますよね。

資産運用したら?

ちょっと、リスクはありますが、資産運用したらどうなるでしょうか?

960万円の貯金のうち、500万円を初期投資します。

さらに、毎月3万円を追加で投資します。

もし、利回り3%で運用出来たら、どうなるでしょうか?

65歳になる15年後には、資産は約1450万円くらいになります。

これを、継続運用しながら、取り崩していきます。

仮に、30年間で取り崩すとしたら、月に約6万円を使うことが出来ます。

公的年金からは、月に約10万円受給できます。

これらを合わせれば、10万円+6万円=16万円使うことが出来るようになります。

このくらいあれば、なんとかなりそうですよね。

最後に

離婚して独身になれば、気楽になります。

ですが、経済面や健康面を考えると、一緒にいたほうがいいですね。

ただし、多少のガマンは必要になりますが・・・

でも、サラリーマン時代のガマンに比べれば、たいしたことありません。

妻とあと何年、暮らすんだろうか?

20年?

いや、30年?

あ~、人生って、ガマンの連続なんですね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。