『やりたいこと』『やること』があった方が人生楽しいんだろうな

 

こんにちは。たかです。

80年代に予備校の英語講師として大人気だった佐藤忠志さんが、孤独死していたそうですね。

年齢は68歳だったみたいです。

子供の頃、よくテレビ番組でお見かけしていました。

今でいう、林先生みたいなもんですね。

佐藤先生の孤独死に関する記事を読んでみると、かなり、収入が高ったことが分かります。

年収2億円だったと書いてある記事もありました。

すごいですね・・・

さらには、8億円の豪邸を建てたり、高級外車が何台もあったり。

いってみれば、好きなことはやりつくしたって感じなんでしょうか?

まあ、こればかりは、その人じゃないと分かりませんがね。

晩年は生活保護

ところが、晩年の佐藤先生は、生活保護を受けていたみたいです。

年収2億円もあったのに、貯金なんかしていなかったんですかね。

生涯年収にしたら、何十億円もあったはずです。

ん~、ちょっと、もったいない気がします・・・

でも、8億円の豪邸があるので、売ってしまえば、普通以上の生活は出来たんじゃないでしょうか?

今僕が持っているお金の何倍も、手に入れることが出来ると思うんですが。

その辺、ちょっと不思議な感じがします。

やりたいことって大事

ある記事の中に、こんな事が書いてありました。

『朝からビール飲んでますよ。いつ死んでもいいんですから。やりたいこともないし、やることもない。隠居、生きる屍です。早く死にゃあいいと思っていますから』って。

朝からビール飲んでるのは、うらやましいですがね・・・

しかも、エビスビールだったりして。

でも、『やりたいことがない』、『やることがない』っていうのは、ちょっと寂しいかな。

たしかに、仕事が無ければ、『やること』はないかもしれませんね。

でも、『やりたいこと』があればいいんですよね。

『やりたいこと』があれば、それが『やること』になるんです。

佐藤先生は、今までに、いろんな事をやってきたので、『やりたいこと』も無くなってしまったんだろうか?

僕と違って。

『やりたいこと』は感じなければいけない

でも、『やりたいことがない』っていうのは、ホントに無いわけじゃないと思うんです。

きっと、あるんですが、それに気がついてない。

佐藤先生の場合は、精神状態が悪かったようなので、そんなことに気も回らない状況だったんだと思います。

『やりたいこと』って、いくら探しても、見つからないような気がします。

見つけるんじゃなくて、『感じる事』なんじゃないかと思うんです。

ふとした瞬間、『あ、楽しそう、おもしろそう、これやってみたいな!』って感じることなんじゃないかと思うんですよね。

そのためには、いろんな情報を入手しないといけません。

たくさんの情報を浴び続けて、その結果、『やってみたい!』ってことにぶち当たるんじゃないでしょうか?

その中でも大事なのが、『体が健康』、『心が健康』ってことでしょうか?

でないと、感度が鈍るので、自分のやりたいことを見逃す可能性があります。

講演録 やりたいことの見つけ方【電子書籍】[ 只石昌幸 ]

価格:162円
(2019/9/27 12:02時点)

最後に

人間って、死ぬまで、自分のやりたいことを持っていることが、大事だと思っています。

そうすれば、きっと、楽しい人生になるでしょう。

ただ、自分のやりたいことを持つって、なかなか出来ないですよね・・・

でも、僕は、こう思うんです。

『些細なことで良いんじゃないか?』って。

たとえば、僕は、このブログを1000記事まで書きたいと思っています。

これが、僕のやりたいことです。

たいしたことありません。

他人からすれば、『へぇ~』で終わりです。

でも、そんな些細なことでも、僕の『やりたいこと』であり、『やること』になっています。

こんなことでも、十分、楽しめますからね。

これからも、自分に正直に、『やりたいこと』を感じながら、生活していきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。