51歳で8000万円の貯金があっても働くんだな・・・僕はバカかも知れない。

 

こんにちは。たかです。

世の中には、将来を不安がって、どこまでもお金を貯めようとする人がいるんですね。

今日、こんな記事を見ました。

『51歳、貯金8000万円。再就職でどの程度の収入が必要?』です。

51歳で8000万円の貯金があるんですが、将来のお金が不安のようです。

ですので、再就職して収入を得ようとされているみたいです。

みなさんなら、どうしますか?

再就職しますか?

それとも、アーリーリタイアをしますか?

登場する方とは?

この記事に登場する女性は、51歳で、旦那さんはいません。

お子さんは、既に独立しています。

完全に、フリーの状態ですね。

今は、会社を辞めて、無職のようですが、貯金は約8000万円あります。

とっても、うらやましい状況ですね・・・

公的年金は、年間約130万円ほどの予定だそうです。

支出は?

この方の支出を見てみたいと思います。

・車両費:2万5000円

・食費:5万円

・通信費:1万4000円

・趣味娯楽:5万円

・雑貨:10万円

・保険:1万円

合計すると、約25万円ほどになります。

もし仮に、僕のようにアーリーリタイアしたら、どうなりますかね?

ちょっと、計算してみました。

65歳までかかるお金

現在、51歳ですから、年金の支給開始の65歳まで、あと14年あります。

年間の生活費は、25万円×12か月=約300万円になります。

ってことは、65歳までに必要なお金は、300万円×14年=4200万円です。

貯金を切り崩したとしたら、8000万円ー4200万円=3800万円が、65歳時点で手元に残るわけです。

年金と貯金で何歳まで生きれるか?

65歳からは、年金130万円をもらいます。

年間の生活費は約300万円ですから、年金だけは170万円不足してしまいます。

この170万円を貯金から切り崩すとしたら、何年で貯金が底をつくか?

65歳時点では、3800万円の貯金がありますので、3800万円÷170万円=約22年で貯金が無くなりますね。

ってことは、65歳+22年=87歳で、貯金が底をつくというわけです。

みなさんなら、この状況で、アーリーリタイアを実行しますか?

僕ならこうする

65歳時点で3800万円残るという事は、その間、そのお金は銀行に眠っているだけです。

であれば、51歳から65歳までの14年間は、このお金を株式で運用したいと思います。

3%の配当金を出す銘柄に投資したとしたら、いくら配当金をもらえるでしょうか?

3800万円×0.03×14年=約1600万円の配当金を得ることができます。

もし、元本割れしていなければ、65歳時点での資産は、株に投資していた3800万円と配当金1600万円となります。

合わせれば、5400万円になります。

これを、65歳の時に現金にしたら、何歳まで生きれるでしょうか?

5400万円÷170万円=約31年間は、生きていけそうです。

ってことは、65歳+31歳=96歳までは、大丈夫そうですね。

10万円から始める高配当株投資術

新品価格
¥1,540から
(2019/12/15 08:09時点)

最後に

もし、仕事をしたくないのであれば、アーリーリタイアをするのも、ひとつの選択肢だと思います。

生活費をあと数万円でもカットすることが出来れば、さらに、長生きすることも出来ますしね。

でも、51歳で8000万円も資産を持っていても、将来のお金に不安を抱いてしまうんですね。

僕なんか、この人の半分も持ってないのに、アーリーリタイアをやっております。

僕は、バカかも知れません。

こんな記事を読むと、こっちの方が不安になってきますよ・・・

『僕って、ホントに、大丈夫なんだろうか・・・』って。

ですが、アーリーリタイアして、別の生き方を経験するのも楽しいと思いますよ!

無理にお勧めするわけじゃありませんがね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。