38歳で8200万円の貯蓄があれば、完全リタイア出来るか?経済的自由を手に入れる。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『38歳会社員、貯蓄8200万円。労働で精神的・肉体的に疲弊し、今の働き方をいつまで続けるか……』です。

38歳の会社員が、貯蓄8200万円ですって・・・

すごくお給料の高い会社にお勤めなんでしょうね。

だからなんでしょうか?

この方は、精神的・肉体的に疲弊しているようで、より負担の少ない働き方を考えているんだそうです。

どんなにお給料が良くても、疲弊するような毎日を送っていたら、なんのために生きているのやら・・・って感じになりますよね。

ってことで、この方が、いますぐ完全リタイアすることができるかどうか、考えてみました。

登場する方は?

38歳の独身男性です。

貯金は、投資も合わせれば、8200万円お持ちのようです。

その他、確定拠出年金に1000万円の積み立てがあるそうです。

すべてを合計すると、約9200万円あるってことです・・・

マジで、すごいです。

公的年金は、勤務年数が少ないですから、あまり期待できないでしょうね。

支出は?

一方、支出は、こんな感じです。

・住居費:16万円

・食費:5万円

・光熱費:1万8000円

・通信費:5000円

・趣味娯楽:6万円

・教育費:1万3000円

・雑費:5000円

・保険料:1万円

合計すると、約32万円になります。

年間では、32万円×12か月=384万円が必要になります。

一人暮らしで月に32万円って、すごいですね。

では、仕事を辞めて、この生活を継続したら、どうなってしまうんでしょうか?

すぐに無くなる・・・

生活費をすべて貯金でまかなったとしたら、どうなるか?

年間の生活費は384万円ですから、9200万円÷384万円=約24年でお金は無くなってしまいます。

24年後ですから、38歳+24年=62歳で無一文になるわけです。

今の生活レベルを保ったまま生きていくことは、無理かもしれませんね。

逆に、この男性が90歳まで生きるには、年間でいくら使うことが出来るんでしょうか?

この男性は38歳ですから、90歳まで、あと52年あります。

ってことは、9200万円÷52年=約180万円になります。

年間、180万円で生活することが出来れば、90歳まで生きることが出来そうです。

ん・・・

僕なら、可能な数字ですね。

僕ならこうする

僕なら、こうすると思います。

まず、引っ越しをしますね。

田舎に行けば、家賃6万円で新築のワンルームに住むことが出来ます。

しかも、駐車場付きで。

すると、月20万円もあれば、生活できると思います。

すると、年間の生活費は20万円×12か月=240万円で済みます。

確定拠出年金を除いた8200万円を使って生活したとしたら、8200万円÷240万円=約34年で貯金が底をつきます。

すると、この男性は38歳+34年=72歳になっています。

一方、確定拠出年金は、どうなっているんでしょうか?

もし仮に、年利5%で34年間、運用出来たとしたら、どうなっているんでしょうか?

積み立てていた1000万円は、34年後には、約5400万円になっています。

72歳で5400万円の貯金があれば、死ぬまで、お金の心配はいりませんよね。

ってことで、僕なら、いますぐ、仕事を辞めると思います。

最後に

この男性のように、精神的・身体的に疲弊しているようなら、仕事は変えたほうがいいと思います。

一旦仕事から離れて、再スタートすれば良いんじゃないでしょうかね。

この男性の場合、生活レベルを落とすことが出来れば、経済的自由を手に入れている状況にあります。

なので、働かなくても良いわけです。

そして、もし、働きたくなったら、また働けばいいわけです。

38歳で自由になれる・・・

うらやましいですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。