テレワークで残業代がなくなったら。家計の見直しは必須になりますね。

 

こんにちは。たかです。

コロナウイルスの影響で、テレワークをされている方も多いんじゃないでしょうか?

通勤時間も無くなり、家族との時間も増えているんじゃないでしょうか。

でも、いいことばかりじゃないですよね・・・

たとえば、家で仕事をしていると、子供がいたりして、集中出来なかったり。

もしかしたら、家の中に、仕事をするスペースがない方もいらっしゃるかもしれませんね。

ですが、いちばんの問題は、残業代じゃないでしょうか?

テレワークになれば、何時から何時まで仕事をしているか分かりません。

ってことは、残業という概念がなくなるんじゃないですかね。

今日、こんな記事を目にしました。

『テレワークで残業代が減り赤字に・・・急な収入減をどう乗り切る?』です。

減収になり、この先の生活に対して、不安を抱えているようです。

さて、どんな内容なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん32歳、奥さま32歳、3歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが24万円、奥さま6万円です。

ところが、コロナウイルス影響で、旦那さんの残業代が出なくなり、マイナス2万円。

さらに、奥さまのパート勤務も減らされ、マイナス2万円。

合わせて4万円の減収になるようなんです。

ってことは、24万円+6万円ー4万円=26万円が、月の収入になるんです。

ボーナスは、旦那さんが、約30万円くらいもらっているようです。

奥さまは、パート勤務なので、ボーナスはありません。

でも・・・月に4万円の減収って痛いですよね。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・家賃:7万5000円

・食費:6万5000円

・水道光熱費:1万5000円

・日用雑貨:1万円

・習い事・子供費:1万5000円

・被服費:1万5000円

・通信費:1万5000円

・保険料:1万円

・こづかい:4万円

・雑費:1万円

合計すると、27万円になります。

月の収入は26万円ですので、26万円ー27万円=1万円の赤字です。

年間では、12万円の赤字になります。

ですが、ボーナスからは、20万円を貯金しているようです。

ってことは、年間では、20万円ー12万円=8万円を貯金していることになります。

旦那さんが定年になるまで、あと28年くらいでしょうか?

すると、8万円×28年=約230万円しか貯めることが出来ません。

ん・・・かなり厳しいですね。

残業代は当てにしない

もしかしたら、このまま、テレワークが継続されるかもしれません。

仕事に支障がなければ、会社としても好都合です。

だって、残業代をカットすることが出来ますからね。

なので、残業代は当てにしない方が良いと思います。

では、どうするのか?

家計の見直しです。

まずは、こづかいをカットするしかありません。

3万円くらいカット出来るでしょう。

テレワークになれば、こづかいを使う時なんか無いでしょう。

会社の人と飲みに行くことも無いわけですから。

そして、奥さまが収入を増やす。

あと3万円増えれば、楽になりますね。

すると、収入は29万円になり、支出は24万円になります。

ってことは、月に5万円の貯金が出来るようになりますからね。

定年までには、約2000万円くらいの貯金が出来ると思います。

最後に

今回のコロナウイルスの影響で、働き方改革が進むかもしれません。

そのひとつが、テレワークです。

実際にやってみて、『意外と、良いかもしれないなぁ』なんてことになれば、どんどん導入されるんじゃないでしょうか?

それに伴って、お給料も上がればいいんですがね・・・

コロナショックで経済ボロボロですから、お給料が上がることは期待できません。

逆に、残業代が減っただけ・・・ってなりそうです。

なので、家計管理をしっかりやらないと、気がついた時は、『貯金ゼロ!』なんてことになりかねません。

早い段階から、予防策を考えておいた方が良いかもですね。

今度のコロナウイルスは、いろんな変化をもたらす可能性がありますね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。