年収200万円だったら副業するしかない。必要ないものにはお金は使わない。

 

こんにちは。たかです。

今日も、午後から、ネットでウロウロ記事を読んでしました。

そしたら、こんなタイトルの記事を見つけたんです。

『貯金ができないのは低収入のせい?借金があるのにローンを組む34歳女性』です。

貯金が出来ない・・・

低収入・・・

借金・・・

なんだか、気になるワードが並んでいますね。

さて、どんな内容だったか?

ちょっとだけ、書いてみたいと思います。

登場する方は?

34歳の独身の女性です。

月の収入は11万円、ボーナスは、年間で42万円あるんだそうです。

ってことは、年収にすれば、約200万円くらいでしょうかね。

ちなみに、貯金は、5万円なんだそうです。

支出は?

一方、支出は、こんな感じです。

・住居費:1万円

・食費:1万円

・生命保険料:1万4000円

・通信費:4000円

・日用品:6000円

・被服費:5000円

・交通費:4000円

・医療費:3000円

・交際費:1万円

・趣味:3000円

・奨学金返済:1万3000円

・その他:2万円(カード支払い)

合計すると、約10万円になります。

月の収入が11万円ですから、月に1万円は、貯金できていることになります。

ところが、この方、借金があるんですね・・・

ひとつは、奨学金です。

あと40万円ほど残っているようです。

それと、脱毛ローン。

この支払いが、『その他』の2万円みたいです。

これが、あと11万円、残っているんだそうです。

奨学金は仕方ありませんが、脱毛するのに、ローンを組んでまでやりますかね・・・

女性の気持ちは、よく分かりません。

僕ならこうする

たしかに、収入は少ないですが、それにしても、貯金が少なすぎます。

ボーナスも、使い切っているんでしょうね。

まずは、ボーナスで、奨学金と脱毛ローンを完済したらどうですかね。

スッキリすると思いますし、そうすると、月に3万3000円を貯めることができるようになります。

それから、生命保険。

独身だったら、必要ありません。

すべて解約すれば、1万4000円を貯金出来ます。

ってことは、それだけでも、3万3000円+1万4000円=4万7000円も貯めることが出来るようになるんです。

年間では、4万7000円×12か月=約56万円になります。

これに、ボーナス42万円を合わせたら、なんと、約100万円を貯めることが出来るんです。

副業を始める

おそらく、朝から晩まで働く職場では無いでしょう。

であれば、退社後の時間を、副業に充てます。

退社後に、カフェなんかで、お金を使っている場合じゃありません。

副業で、月に1万円でもいいんじゃないですかね・・・

たとえば、『独身OLブログ』なんてどうでしょうか?

きっと、世のおじさま方は、見てくれるんじゃないですかね。

すぐに、1万円くらい、稼げそうな気もしますが・・・

考えが甘いかな?

2020年の最新副業【読者限定特典付き】: 自宅でカンタン♪ 毎月10万円の不労所得を得るための教科書【入門】【無料】【unlimited】【在宅ワーク】

最後に

今後は、サラリーマンの年収も下がっていくかもしれません。

だって、世の中の流れは、副業を推進しています。

であれば、副業で稼げばいいんです。

もしかしたら、サラリーマン以外の才能を発揮できるかもしれません。

わざわざ会社を辞めてから、起業する必要はないんです。

まずは、副業として起業すればいいと思うんですね。

うまくいけば、会社を辞めてもいいし、ずっと、副業でやってもいい。

ネットを使った副業なら、仕事の空き時間にだって、こっそり出来ますからね。

低収入なら、副業で収入を少しでも増やす。

そして、無駄なお金は使わない。

貯めたお金を投資にまわす。

これからのサラリーマンは、これをやらないといけないかもしれませんね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。