定年延長になれば早期退職制度は増えるかも。サラリーマンにとって良いこと?

 

こんにちは。たかです。

第一生命が、定年を60歳から65歳に延長するんだそうです。

今までも、65歳までの雇用延長もあったそうなんですが、その場合、60歳以降はお給料が減っていたらしい。

でも、今回の新制度では、能力や実績を重視して、お給料が決まるみたいです。

なので、60歳以降も、お給料が減らない人もいるかもしれないってことですね。

まあ、おそらく、多くの人は、減給になるんでしょうけど・・・

おっさんが増える

定年が65歳までになるってことは、人件費が5年分多くかかります。

そんなこと、企業がやるでしょうか?

僕には、到底、考えられません。

60歳定年の今でさえ、早期退職制度を導入して、バブル世代を排除しようとしているんです。

それが、65歳まで延長になるわけです。

会社としては、ぼーっとしていたら、おっさんばかりになってしまいます。

60代の人が、会社の中に、ウジャウジャいることになるんです。

早期退職制度が増える

では、どうするか?

きっと、早期退職制度が、いろんな企業で行われると思います。

そうしないと、65歳まで、居続けますからね。

早期退職制度を出して、出来るだけ、年よりは追い出していく。

65歳まで、会社に残れないようにするんです。

その分、若い社員のお給料を増やしてあげれば、入社を希望する人も増えるんじゃないでしょうか。

これからは、若い世代が減ってきますので、企業間で取り合いになるでしょう。

少しでも、いい待遇にするんじゃないですかね。

雇用延長などない

65歳まで働くことが出来る社員が少なくなれば、70歳まで雇用延長できる社員も少なくなります。

当たり前の話しですよね。

とりあえず、70歳までの雇用延長制度だけ準備して、実際には行わない。

そんな会社が増えるんじゃないでしょうか?

特に、大企業はそうなるような気がします。

ちょっと、極端でしたかね・・・

45歳定年にすればいいのに

定年を延ばすのではなくて、短くしたらどうですかね?

たとえば、45歳定年にする。

ただし、生涯年収は変えない。

今のサラリーマンの生涯年収って、2億円くらいでしょうか?

その2億円を、45歳までに支払うんです。

ってことは、新入社員の時から、年収1000万円くらいになります。

そうなれば、サラリーマンの手取り額は増えますので、お金も循環するんじゃないですかね。

当然、45歳で無職になりますので、投資などして資産を増やさないといけません。

うまくいった人は、そのまま、45歳でリタイア出来るかもしれません。

うまくいかなかったら、45歳以降の働き方を考えておけばいいわけです。

そっちの方が、楽しそうですけどね・・・


最後に

もし、僕が学生で、『65歳まで働け!』って言われたら、将来絶望しますね・・・

『そんなに働くの・・・』って感じです。

そう思うと、これからの若い人は、脱サラを考えるでしょうね。

『65歳まで、サラリーマンなんか、やってられない!』ってなるでしょうから。

そうなると、早期退職制度を出しても、辞めるのは若い世代ばかりになるかもしれません。

ん~、ってことは、おっさんを辞めさせるには・・・

指名解雇みたいな、ひどい仕打ちをされるかもしれませんね。

定年延長って、サラリーマンにとっては、あまりいい制度では無いような気がします。

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。