円安が進むのなら、米国株を買っておけばいい。半値戻し達成で株価は上昇?

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『1ドル=500円のハイパーインフレ時代到来?住宅ローンは固定金利にして危機に備えよ』です。

1ドル=500円になるんだそうです。

だれが、こんなことを言っているのか?

元モルガン銀行の東京支店長だった藤巻健史さんです。

『伝説のディーラー』と呼ばれていたらしいですが、よく知りません。

しかし、この方は、ずっと前から、『日本は財政破綻する!』と言っています。

実際は、まだ、日本は財政破綻してませんけどね。

なので、ホントに、1ドル=500円になるかどうか。。。

1ドル=136円

今現在、1ドル=136円です。

またしても、どんどんと円安になってきました。

年末には、円高になってほしいんですがね・・・

なぜかと言うと、ドル建ての生命保険の支払いがあるからです。

円安になると、支払額が、グ~ンと増えちゃんうんです・・・

まあ、仕方のないことですが。

しかし、円安になって、良いこともあります。

それは、米国のインデックス投資です。

現在、こんな感じになっています。

資産状況

いつものように、ご紹介したいと思います。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・総投資額:1,800,000円

・基準価格:20,512円

・取得単価:17,063円

・評価損益:+363,241円(+20.2%)

iFree NEXT NASDAQ 100

・総投資額:2,000,000円

・基準価格:21,823円

・取得単価:20,199円

・評価損益:+160,319円(+8.0%)

iFree レバレッジ NASDAQ 100(レバナス)

・総投資額:2,600,000円

・基準価格:26,527円

・取得単価:32,960円

・評価損益:-507,468円(-19.5%)

3つのファンドを合わせると、+16,092円になります。

なんと、含み益になりました。

先週の段階では、-214,891円でしたからね。

株価が上がったことがいちばんの要因ですが、円安になったことも、大きいと思います。

なので、今後、1ドル=500円になるのなら、米国株に投資をしておけばいいんじゃないですかね。

ただし、『為替ヘッジ無し』に投資しておかないと意味ありませんが。

最後に

来週の米国株は、どうなるんでしょうか。

S&P500は、直近高値から20%以上下落して半値戻しを達成した場合、最安値を更新することはありません。

過去のチャートを調べてみたら、そうなっていました。

では、今は、どうなっているのか?

1月3日の直近高値4,796ポイントから、6月16日の最安値3,666ポイントまで、約23%ほど下落しています。

そこから上昇に転じ、8月12日に4,280ポイントまで上昇し、半値戻しを達成しています。

なので、もしかしたら、このまま、上昇していくかもしれません。

最悪、6月16日につけた3,666ポイントまで下落するかもしれませんが、それ以上は下落しないかも・・・

ん~、今後の動きに期待ですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。