電気が足りない・・・だったら、国が発電すれば良いんじゃないの?

 

こんにちは。たかです。

今年の夏は、電力不足になるみたいですね。

萩生田さんが、こんなことを言っています。

『室内温度を28度にする、不要な照明は消していただくなど、できる限りの節電・省エネにご協力いただくとともに、需給逼迫時の節電対策体制の構築にご協力をお願いいたします』って。

またしても、国民にお願いですか・・・

でも、電気が足りないんですから、みんなで協力して、何とかしないといけませんよね。

僕も、節電には、協力しようと思います。

しかし、政府は、この先、どうしようとしているんでしょうか?

発電事業者を募る?

十分な電力供給が確保できない背景には、老朽化した火力発電所の相次ぐ休廃止があるんだそうです。

なぜ、休廃止しているのか?

ある記事では、こう書かれていました。

『電力自由化で厳しい競争にさらされる電力会社にとって、火力発電所維持のコストがかかるため』だって。

電力自由化したことが、原因の一つになっているようです。

では、政府は、どうするんでしょうか?

政府の関係閣僚会議で、こんなことが決められたそうです。

『休止中の火力発電所を稼働する発電事業者を募る』

『発電所の計画外の停止を防ぐため、保安管理の徹底を呼びかける』

ん・・・

これで、電力を供給できるようになるのか?

国がやれば?

なぜ、わざわざ、『休止中の火力発電所を稼働する発電事業者を募る』みたいなことやるんですかね?

国がやれば良いんじゃないでしょうか?

お金さえ出せば、電力供給できるんですよね。

国のお金を使って、国民のために、電力を発電したらいいと思うんですが・・・

僕の考えは、間違っているのかな。。。

このままいけば、真夏にエアコンが使えなくなるかもです。

すると、熱中症が多発し、病院は大混乱・・・

高齢者は、死に至るかもしれません。

なのに、なぜ、発電しないのか?

国民の命より、環境が大事なの?

国民の命より、お金が大事なの?

最後に

何でもかんでも、民営化すると、こういったことが起こります。

儲けが出なくなると、民間は動きません。

当たり前ですよね。

しかし、儲からないけど、国民のために動く。

これが、国だと思うんですがね・・・

何か困ったことがあれば、国が守ってくれる。

こういった信頼感が、今の日本には欠けているように感じます。

逆に、見殺しにされるかも・・・って感じですよね。

こんな状況なのに、岸田政権の支持率が高いのが、ホントに不思議です。

マスコミさん、ホントのこと、報道してますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。