子供が2人私立に通ったら家計は火の車ですよ・・・リタイアなんて出来ません

 

こんにちは。たかです。

お子さんがいらっしゃるご家庭は、教育費って、大変じゃないですか?

我が家は、下の娘が私立の中学・高校に進学しましたので、めちゃくちゃ大変でした。

まあ、高給取りの家なら別でしょうが、僕のようなポンコツおやじでは、稼ぎが足りませんでしたね・・・

妻にも、パートをかなり、がんばってもらいました。

今日、こんな記事を見たんです。

『37歳貯金140万円。子ども2人を中学から私立に入れたい』です。

どうやら、子供2人を、私立の中学・高校に通わせたいみたいですよ。

僕としては、タイトルを見た瞬間、『やめておきなさい!』って思ってしまいましたがね・・・

では、どんな内容だったか?

登場するご家庭は?

旦那さん37歳、奥さま30代、7歳と3歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さん30万円、奥さまは、専業主婦をされています。

ボーナスは、年に140万円あるみたいです。

貯金は、投資も合わせて、140万円のようです。

世帯年収としては、約600万円強ってところでしょうか。

支出は?

支出は、こんな感じです。

・住宅ローン:4万7000円

・管理費:1万5000円

・車両費:1万2000円

・食費:7万円

・光熱費:2万3000円

・通信費:1万7000円

・娯楽費:3万円

・教育費:3万5000円

・こづかい:3万円

・雑費:7万円

・その他もろもろ

合計すると、約37万円くらいになるんだそうです。

月の収入が30万円ですから、毎月7万円の赤字になっています。

年にすれば84万円が赤字なわけです。

ボーナスから補填したら、1年で貯金できるのは、56万円ってことになりますね。

さて、みなさんなら、このような現況で、子供2人を私立の中学・高校に通わせますか?

私立の中学・高校の学費って?

私立中学・高校の場合、年間で100万円の学費は予定しておいた方がいいです。

学校によって、学費は違いますが・・・

私立の場合、授業料や施設費のほかに、旅行積立とか海外研修費だとか、余計なものが付いてきます。

これが、意外と高いんですよね。

ですので、月平均にすると、約8万円の学費がかかることになります。

しかも、お子さんが2人となれば、なんと、月の教育費は16万円です。

通えるのか?

このご家庭の現在の教育費は、3万5000円です。

ってことは、16万円ー3万5000円=12万5000円が、教育費としてさらに増えるわけです。

赤字は、月に7万円ですから、12万5000円+7万円=19万5000円が、毎月の赤字になるわけですね。

年間にすれば、230万円ほど赤字になります。

これをボーナスで補填しても、90万円は赤字なんですね・・・

現状では、私立の中学・高校への進学は、ちょっと、むずかしいでしょうかね。

中学受験は親が9割 最新版

新品価格
¥1,628から
(2019/12/7 12:28時点)

最後に

なぜ、私立の学校に行かせるのでしょうか?

我が家の場合、子供が私立を希望しました。

理由は、いろいろあったんですがね。

それで、仕方なく、通わせたわけですが、まったく意味ありませんでした。

家から5分で通える、公立の中学に行っていても、同じだったと思います。

でも、本人の希望は、大事にしたいですからね。

なので、行かせたことに、後悔はしていません。

もし、親のエゴで私立に行かせたいのなら、やめたほうがいいです。

お金がかかるばかりで、意味ありません。

それよりも、『子供がどうしたいのか?』を尊重してあげてほしいですね。

これからは、自分の好きなことに熱中できるような大人でないと、生きていけないかもしれませんから。

勝手なこと書きました・・・すみません。

子供を私立中学・高校に通わせた、ひとりの親として、感想を書かせていただきました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。