『やらされること』が無くなったら、自分で『やること』を見つけたほうがいいのかも

 

こんにちは。たかです。

専門学校が休校になってる娘。

もう、生活リズムは、グチャグチャ。

起きるのはお昼頃、寝るのは朝方という、昼夜逆転の生活を送っておりました。

当然、外に出かけることは出来ませんので、家の中でゴロゴロ。

口ぐせは、『あ~、暇すぎる・・・』です。

そんな娘の生活が一変したのは、これが始まってから。

それは、『オンライン授業』です。

朝9時から授業が行われています。

すると、生活リズムは整い始め、今では夜12時には寝るようになりました。

そして、『暇だ・・・』の口ぐせも出なくなりましたね。

やらないといけないことがないとダメ?

こんな娘の生活を見ながら感じたのは、『人って、やらないといけないことがないとダメなのかな?』ってことです。

よーく考えてみれば、日本人って、ずっと何かやらないといけないことがあります。

3歳くらいになれば、幼稚園に行かないといけません。

それから、小学校・中学校・高校と進学しないといけませんし、その後は、大学や就職の道に進まないといけません。

そこで勉強したり、仕事をしたり、いろんな事をやらされるわけです。

なので、ずっと、何かやらないといけないことがあるんです。

ところが、今回の休校のように、やらないといけないことが無くなると、途端に、何をしていいか分からなくなるみたい。

これって、サラリーマンを退職した人と同じ環境なのかもしれません。

アーリーリタイアも、同様ですよね。

何もしなくていい

アーリーリタイアをすると、やることがありません。

正確に言えば、『やらないといけないこと』がありません。

今までは、お給料をもらうために、会社に行かなければいけませんでした。

会社に行けば、仕事をしなければいけません。

なので、何かしら、やらないといけないことがあったわけです。

ところが、リタイアしてしまうと、それが無くなるんです。

何もしなくていいんです。

すると、暇になるんですね。

この暇な時間を楽しめる人は良いんですが、我が家の娘のように、楽しめない人にとっては、苦痛なのかもしれません。

やることを見つけておく

今回、娘を見ながら、こんなことを思いました。

『人って、やらないといけないことが無くなるんだったら、自分で、やることを見つけておかないといけないんだな』って。

では、僕の場合はどうなのか?

僕もアーリーリタイアをして、『やらないといけないこと』って、ほとんどありません。

強いて言えば、愛犬君のお散歩くらいです。

では、僕は、暇だと感じているのか?

残念ながら、僕は、暇だとは感じていないんです。

なぜか?

おそらく、『ブログを書いているから』じゃないかと思うんです。

ブログは、やらないといけないことではありません。

やらなくっても、誰にも迷惑かけませんし、怒られる事もありません。

僕にとっては、やること・やりたいことなんです。

なので、僕は、暇さえあれば、ブログを書いています。

ブログというより、日記ですかね。

多い日は、1日に5本くらい書いたりします。

気が向かない日は、まったく書きませんけど・・・

こうやって、やること・やりたいことがあるので、僕は、暇だと思わないのかも。

幸せの確率 あなたにもできる! アーリーリタイアのすすめ

新品価格
¥1,760から
(2020/4/21 10:46時点)

最後に

これから、アーリーリタイアを検討している方、定年退職を間近に控えている方、何か、やることを考えておいた方が良いかもしれません。

まあ、リタイアしてから考えてもいいと思いますがね。

その時その時、やってみたいと感じることを、やるっていう方法もありますし。

どうやら、『何もしない』っていうのは、普通の人間には、耐えられないことのようですから。

僕は、『何もしない』のも楽しですし、ブログなどの『やること』もありますので、リタイア生活が楽しいのかもしれません。

今日は、娘を見て、感じたことを書いてみました。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。