42歳で8000万円もあるんだったら、つらいことはしないな。会社辞めます。

 

こんにちは。たかです。

世の中には、お金持ちのサラリーマンっているんですね・・・

今日、こんな記事を見ました。

『42歳、一刻も早く退社し年収100万円程度で暮らしたい』です。

この記事に出てくる方は、なんと、貯金が8000万円あるんだそうです。

ゲーム会社株で4000万円ほど儲かったそうです。

そんなことって、あるんですね・・・

僕なんか、ほとんど、儲けありませんが。

さて、42歳で8000万円の貯金があったら、みなさんなら、会社辞めますか?

それとも、働き続けますか?

登場する方は?

42歳の独身男性です。

貯金は、先ほど書いたとおり、約8000万円あるんだそうです。

しかしながら、仕事面では、かなりご苦労されているようです。

現在では、精神面にもダメージがあるようで、一刻も早く会社を辞めたいようなんです。

会社を辞めた後は、年間100万円ほどのアルバイトをされるようです。

ですが、『その程度の稼ぎで、生きていけるか?』と不安に思っているようなんですね。

支出は?

現在の支出状況です。

・家賃:7万5000円

・食費:4万5000円

・光熱費:1万3000円

・通信費:1万3000円

・趣味娯楽:4万円

・こづかい:4万円

・雑費:1万円

・保険:6000円

合計すると、24万2000円になります。

退職後は、家賃が上がるようで、月の生活費は25万円を想定しているそうです。

年金に関しては、現在のところ、年間で約100万円くらいになるそうです。

さて、みなさんなら、退職して、アルバイト生活を始めますか?

65歳までに必要なお金は?

年金受給が始まる65歳まで、あと23年もあります・・・

月の生活費が25万円ですから、年間では、25万円×12か月=300万円になります。

65歳まで、あと23年間ありますから、300万円×23年=6900万円が生活費として必要になります。

仮に年間100万円の収入を得るとすれば、65歳までに、100万円×23年=2300万円を得ることができます。

ってことは、貯金からの切り崩し額は、6900万円ー2300万円=4600万円になります。

そうなると、65歳時点の貯金額は、8000万円ー4600万円=3400万円になりますね。

65歳以降は年金生活

年間の生活費は300万円です。

一方、年金額は100万円ですから、差額200万円は、貯金から補填することになります。

65歳時点の貯金は、3400万円ですから、3400万円÷200万円=17年で貯金は底をついてしまいます。

とはいえ、65歳+17年=82歳までは、生きることが出来そうですね。

ん~、会社辞めても大丈夫じゃないかな・・・

僕ならこうする

65歳時点で、3400万円の貯金があります。

見方を変えれば、65歳まで、この3400万円はずっと銀行に預けているだけなんです。

23年間も、ほったらかしにするのは、もったいないですよね。

もし、3%で運用することが出来たら、どうなるでしょうか?

3400万円×3%×23年間=約2300万円を得ることができます。

貯金が2300万円も増えれば、もっと、長生き出来ますよね。

おそらく、90歳までは大丈夫じゃないでしょうか?

さらに、生活費を抑えれば、もっと楽になることでしょう。

あなたのお金を「見える化」しなさい! ~ビジネスパーソンのための新お金管理術~

新品価格
¥1,650から
(2019/12/29 09:54時点)

最後に

もしかしたら、世の中には、無理して働いている人もいるんじゃないでしょうか?

実は、十分な資産を持っているのに・・・

この方も、生活費を年間200万円で生活すれば、アルバイトすらしなくても大丈夫なんです。

年間200万円って、月に16万5000円はつかえますよ。

独身なら、これだけでも、十分じゃないでしょうか?

仕事がつらくない人は、いままでどおり、働いたほうがいいと思います。

お金にもなりますし、社会とのつながりも出来ます。

つらいこと、楽しいことを経験して、充実した人生を送れるかもしれません。

ですが、仕事がつらすぎて死にそうな人は、脱出してもいいんじゃないですかね。

特に、資産を持っている人は。

この年末年始に、ご自分のライフプランを立ててみるのも、いいと思いますよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。