東京都内であれば結婚してすぐに家を買たほうが良いらしい。ホントか?

 

こんにちは。たかです。

生活するうえで、住居費って、かなり負担になりますね。

アーリーリタイアする際にも、住居費がゼロならば、かなり、現実味をおびてきます。

ですが、家を買うタイミングって、難しいですよね。

いつ買うのか?

どこに買うのか?

大きさはどのくらいにするか?

値段はいくらにするか?

などなど、悩みは尽きません。

今日、こんな記事を目にしました。

『結婚したら家はすぐ買うべき。都心の家選び、3つの新常識』です。

なんと、この記事によれば、『結婚したらすぐに家を買え!』と言っているんです。

さて、どんな内容なのか・・・

すぐに家を買った方が良い理由

この記事によれば、こんなことが書かれています。

『35年の住宅ローンが常識になった今日では、返済開始が早ければ早いほど人生の後半にラクになります』

『ですので、結婚したら、すぐに住宅購入するのが良いのです』って。

ん~、たしかに、そのとおりかもしれません。

さらに、こう続けています。

『最初から一生住むものと無理して3LDKを買う必要はありません』

『都心寄りで駅から近い1L~2LDKの物件、できれば55平米から60平米くらいの物件を購入しましょう』だって。

要は、『子供が出来て広い家が必要になれば、家を売って買い直せばいい!』と言っているわけです。

そのためには、都心で駅から近いところがいい。

さらには、買い手の多い55平米から60平米くらいの物件を勧めているんです。

みなさんは、どう思いますか?

いくらするのか?

まず、都心部の2LDKって、最低でも5000万円はしますよね。

結婚したての若者が、5000万円のローンを組めるのか?

仮に5000万円のローンを組もうすれば、35年ローンで、月に10万円、ボーナス時40万円×2回の支払いになります。

こんな支払いできるのは、世帯年収500万円以上でないと無理です。

しかも、貯金はほとんど出来ません。

もっと余裕を持つには、世帯年収700万円~800万円くらいないと無理です。

20代の旦那さんが年収800万円なんて、かなり、限られてますよね・・・

あるいは、奥さんの年収を当てにしていたら、子供が出来た時、退職なんてことになったら、困りますよね。

でも、東京なら、このくらいのお金持ちって多いんですかね・・・

売れなかったら?

もし、広い家に引っ越したいと思ったとき、家が売れなかったらどうするんでしょうか?

賃貸に出すのか?

それとも、2軒分のローンを支払うのか?

いくら、良い立地でも、かならず買い手が見つかるとは言い切れませんよね。

仮に、売れたとしても、築10年~15年経った家が、どのくらいになるのか?

それで、借金ゼロに出来るのか?

ちょっと、こわいですね。

僕なら逆にするかも

結婚当初は、子供もいませんし、安い家賃の狭い家に住むと思います。

だって、2人でしょ。

どうにでもなります。

その間に、お金を貯めて、どうしても家が必要になったら、買うかもしれません。

ですが、その時は、中古物件を買いますね。

そして、リフォームすると思います。

今後、地方では、家が余るはずです。

僕の家の周りでも、築年数の浅い家が、ゴロゴロしています。

しかも、1000万円以下で売っています。

今後、地方に行けば、こんな家はたくさん出てくると思いますがね・・・

最後に

もし、東京から離れたくなくて、お金があるご夫婦は、早めに家を買ってみてはいかがでしょうか?

これも、ひとつの作戦かもしれません。

ただし、離婚してはいけませんよ・・・

面倒なことになりますので。

でも、この記事を読んで参考になったのは、『家族の増減に合わせて家を住み替えていく』ってところです。

たしかに、そうだと思いました。

子供2人がいなくなったら、今の我が家は、広すぎるんです。

出来れば、もっと狭くていいので、都心部に住みたいんですが・・・

ですが、この家は売れそうにありませんからね。

なかなか、難しい問題です。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。