お金がないなら、ほしいものはガマンしましょう。無理なものは無理です。

 

こんにちは。たかです。

世の中には、ほしいものがあると、お金もないのに『買えるんじゃないか?』って思ってしまう人がいるようです。

特に、住宅の場合は、こんな人が多いような気がします。

そして、購入した後になって、『ヤバイ・・・支払い出来ない!』ってなるんですよね。

僕の周りにも、数人いましたから・・・

さて、今日は、こんな記事を目にしました。

『52歳貯金70万円。完済79歳の住宅ローンは無謀ですか』です。

タイトルを見ただけでも、『無理でしょうね・・・』って思ってしまいます。

さて、どんな内容なんでしょうか?

登場する人物とは?

52歳の独身女性です。

社会人になった息子さんと同居されています。

月の収入は30万円、ボーナスは年間70万円あるんだそうです。

年収は約550万円くらいになるんでしょうか?

貯金は、70万円です。

ちょっと、年収に割には少ない感じですかね・・・

支出は?

支出は、こんな感じです。

・実家に入れる生活費:6万円

・車両費:2万5000円

・食費:5万円

・通信費:5万円

・趣味娯楽:1万円

・こづかい:1万円

・保険:1万6500円

・教育ローン:1万8000円

ひと月の生活費は、約24万円くらいのようです。

収入は30万円、支出は約24万円ですから、月に6万円は貯金できるようですね。

ボーナスからは、年に約30万円は貯金しているようです。

ってことは、年間では、約100万円は貯金していることになります。

でも、実際には、70万円しかないんですがね。

さて、ここからが、問題なんです・・・

実は、この女性は、家を購入しようとされています。

見つけた物件は、築16年で、販売価格2180万円の中古マンションです。

借入金2000万円で、月の支払いは、7万2000円になるんだそうです。

管理修繕費は、2万3000円のようです。

この計画でいけば、住宅ローンを完済できるのは、79歳の時だそうです。

ってことは、あと27年後ってことですね・・・

さて、みなさんなら、この中古マンションを買いますか?

僕なら買わない

住宅ローンの年間の支払額は、7万2000円×12か月=86万4000円になります。

毎年、約100万円の貯金が出来るはずですので、支払いに困ることは無いでしょう。

ですが、現在、この方は52歳です。

定年まで、あと8年しかありません。

8年間は大丈夫ですが、その後は、どうなるか分かりません。

79歳まで支払いがありますので、当然ながら、年金の中から払わないといけなくなります。

年収550万円ですから、おそらく、年金額は、月に15万円くらいじゃないでしょうか?

そこから、7万2000円の住宅ローンを払っていくと、残りは約8万円です。

管理修繕費などかかりますので、生活に困窮するのは間違いありません。

40代で早期退職してセミリタイアとお金について考えた

最後に

この女性は、こんな事を言っています。

『もしかしたら、購入できるのではないか? 買えば何とかなる!と思っていました』だって。

残念ながら、何ともなりません・・・

お金がなければ、どうにかして工面するか、あきらめるかしかないわけです。

『なんとかなる!』は非常に怖いですね。

でも、こんな人って、多いんですよ。

僕の後輩にも、6000万円以上する家を買っていましたからね。

ほしいものが出てくると、人って、つい、『なんとかなるんじゃないか?』って思ってしまうようです。

アーリーリタイアの計画でも同じようなことが起こります。

ライフプランシートを作っていると、『ちょっと生活費を切り詰めたら、会社辞めれるんじゃないか!』って思うんですね。

でも、これって、ちょっと危険です。

少し余裕を持った計画を立てた方がいいです。

僕は、結構、ギリギリで立ててしまったので、反省していますが・・・

みなさんは、僕のようにならないでくださいね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。