はやくサラリーマン辞めないと税金でお給料無くなるかも・・・

 

こんにちは。たかです。

コロナウイルスのおかげで、国の借金が増えちゃったみたいですね。

2020年度の国債発行額は、112兆円なんだそうです。

あまりピンときませんが、前年度と比べると、約3倍になっているそうです。

2020年度の国債などの残高は、約1200兆円にもなるそうです。

国民ひとりあたりにすると、約1000万円になります。

これを財務省は、『国の借金、国民の借金』と言っているんですね。

なぜ、国債の発行残高が、国民の借金になるのか分かりませんが・・・

国債って、単なる、お金の発行記録だと思うんですが・・・

みなさんは、どう思いますか?

雇用保険料どうなる?

政府はコロナ対策の休業補償として『雇用調整助成金』って出してましたよね。

あれって、財源は、企業が拠出する雇用保険の『雇用安定資金』でまかなわれたんだそうです。

ところが、その財源が尽きたので、サラリーマンが負担している失業給付用の積立金を流用したそうです。

かなりのお金を出したみたいですよ。

なので、もし失業しても、失業保険がもらえないかも・・・

そんなことが起こるかもしれません。

では、どうするか?

簡単ですよね。

国債を発行すればいいわけです。

ですが、国は、そんなことはしません。

サラリーマンから、もっと雇用保険料を取るだけです。

勝手に、給与天引きされるサラリーマンは、抵抗できません・・・

コロナ復興税?

巷でも噂になっているのが、『コロナ復興税』ですよね。

復興する前から、増税しそうな気もしますが・・・

東日本大震災の後、復興特別所得税なるものが徴収されています。

本来払う所得税の上に、さらに、2.1%上乗せされるているわけです。

しかも、未だに払っているはずです。

ちょっとだけ増税して、長期間徴収し続ける。

『国民は、そのうち、税金を取られているのを忘れてしまうだろう!』って思っているんじゃないでしょうか。

なんとも、ひどいやり方です。

そんな国ですから、コロナによって、かなりの国債を発行していますので、間違いなく増税するでしょうね。

消費税を上げるのは難しいでしょうから、『コロナ復興特別所得税』みたいなものを作るんじゃないでしょうか・・・

さらに、数%所得税が上がるかもですね・・・

最後に

他の国も、金融緩和を行ってきました。

その結果、コロナが落ち着いてきたら、経済は復活しつつあります。

アメリカなどは、物価上昇がみられ、金融緩和の見直しを検討するかもしれません。

まだ、失業率が悪いので、今すぐではないようですがね。

ですが、日本はどうでしょうかね・・・

コロナ前から景気は悪かったですから、コロナが落ち着いたからといって、景気が良くなるとは思えません。

その上、さらに、増税をやれば、完全に景気は悪くなるでしょう。

もし、消費税を上げたら、即死するかもですね・・・

お金を貯めて、仕事を辞め、日本から脱出したほうが良いかもですよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。