社宅があるなら家なんか買わない方がいいと思う。

 

こんにちは。たかです。

みなさんのお勤めの会社には、社宅ってありますか?

僕が勤めていた会社には、借家を社宅扱いとして、家賃補助をしてくれていました。

たしか、家賃の上限は10万円で、自己負担はその3割くらいだったと思います。

たとえば、家賃10万円であれば、自己負担金は、3万円ってことです。

もし、家賃12万円の家に住めば、上限10万円の3割の3万円と上限を超えた部分の2万円は、自己負担になります。

よって、5万円が手出しってことになります。

この点だけは、ホントに、恵まれていましたね。

まあ、我が家は、実家がありましたので、ほとんど、活用できませんでしたが・・・

今日、こんな記事を見たんです。

『36歳、子ども3人。社宅を出て住宅購入予定。いくらの家なら買える?』です。

このご夫婦は、家を買いたいみたいです。

ん~、せっかく社宅があるのに、家を買わなくても・・・って思うんですがね。

さて、どんな内容だったか?

登場するご家庭は?

旦那さん40歳、奥さま36歳、8歳、2歳、0歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さん35万円、奥さま17万円だそうです。

夫婦で、月に52万円の収入があるんですね。

ボーナスは、なんと、旦那さん200万円、奥さま30万円らしいです。

世帯年収は、約1000万円くらいでしょうかね・・・すごいです。

貯金の方も、3700万円あるみたいですよ。

支出は?

さて、支出はどうなんでしょうか?

・住宅費:3万円

・車両費:2万円

・食費:8万5000円

・光熱費:1万5000円

・通信費:1万5000円

・趣味娯楽:2万円

・教育費:10万円

・こづかい:5万円

・雑費:3万円

・保険:3万円

合計すると、39万5000円になります。

月の収入は、52万円ありますので、毎月約12万円は貯金できるみたいです。

そして、ボーナスからは、160万円ほど貯金しているようです。

ってことは、年間で、約300万円は貯めているってことですね・・・

ところが・・・

奥さまは休職の予定

なんと、奥さまは、10年間、休職する予定なんだそうです。

理由は、『子育てのため』のようです。

ん~、だいぶ、状況は変わってきますよね。

奥さまが休職すると、月の収入は35万円になります。

一方、支出は、約39万円です。

毎月、赤字になるわけです。

そうなれば、ボーナスで赤字分を補填するしかありません。

こんな状況で、家を購入しても大丈夫でしょうかね?

家を買うとしたら・・・

もし、奥さまが仕事を辞めてしまったら、毎月4万円の赤字になります。

年にすれば、約50万円赤字になるわけです。

さらに、奥さまのボーナス30万円がなくなります。

ってことは、ボーナスからの貯金額は、160万円ー30万円=130万円ってことになります。

そこから、赤字の50万円を補填することになります。

130万円ー50万円=80万円が、1年で貯金することのできる金額です。

月にすれば、約6万5000円になります。

この額であれば、毎月、ローンの支払いに回しても、赤字にはなりません。

現在、住宅費に3万円払っていますので、6万5000円を加えた、9万5000円がローン返済の限界じゃないでしょうか?

そうすると、35年ローンだとすれば、借入金は3500万円くらいが妥当じゃないですかね・・・

僕ならこうする

まず、僕なら、家は買いません。

家賃負担3万円なんて、かなり、恵まれています。

このまま、住み続けます。

そして、子供たちが、全員、家を出てから、夫婦2人だけの家を購入しますね。

だって、これから、子供3人の教育費を考えると、借金なんかしない方がいいです。

いくらかかるか、分かりませんからね。

たしかに、旦那さんの年収は高いですが、子供3人を育てることは、かなり厳しい。

奥さまが働かないと、無理じゃないですかね。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

新品価格
¥1,078から
(2019/11/30 17:38時点)

最後に

年収が高くなると、高望みするようになるんでしょうか?

家と子供は、いい方は悪いですが、リスクになります。

どれだけ、お金がかかるか分かりません。

ですので、慎重になったほうがいいです。

子供にも、上限なしで教育費を使っていると、とんでもない事になります。

家だって、同じことです。

気がついたら、自分たちの老後の生活費はスッカラカン。

最後は、子供に頼る。

こうなってしまっては、教育費をかけた意味がありませんし、子供に迷惑をかけてしまいます。

どんなに年収が高くなっても、身の丈に合った生活をした方が、懸命だと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。