2年分の貯金があるのなら、ひたすら貯金はもったいない。39歳で370万円の貯金。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『39歳貯金370万円。独身のままで、老後の生活は大丈夫?』です。

離婚をして、そのまま独身で生きる将来を考えている会社員女性のお悩みです。

貯金が少なく、老後の生活が不安になったらしい。

そこで始めたのが、『先取り貯蓄』なんだそうです。

たしかに、先取り貯蓄をすれば、自然とお金は貯まっていきますからね。

しかし、それだけでいいのかなぁ・・・

さて、この女性は、どんな家計なんでしょうか?

登場する方は?

39歳の独身女性です。

月の収入は約21万円、ボーナスは年間で40万円ほどあるようです。

年収にしたら、約360万円くらいになりますかね。

貯金は、投資も合わせれば、約370万円ほどお持ちです。

ちなみに、公的年金は約100万円くらいのようです。

支出は?

一方、支出は、こんな感じです。

・住居費:3万6000円

・車両費:1万3500円

・食費:2万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:1万1000円

・趣味娯楽:9000円

・雑費:1万円

・保険料:4000円

・医療費:7000円

・個人年金:1万円

合計すると、約14万円くらいになります。

月の収入は21万円ですから、21万円-14万円=7万円を貯金することが出来ます。

しかし、実際には先取り貯蓄として、5万5000円しか貯金していません。

差額の1万5000円は、何かに使っているんでしょうね・・・

まあ、このくらいは、気にしなくても良いかもです。

65歳まで働いたら?

もし仮に、65歳まで働いたとします。

現在、39歳ですから、あと26年間は働くことが出来ます。

ってことは、5万5000円×12か月×26年=約1700万円を貯金することが出来ます。

退職後は、公的年金100万円で生活します。

月の生活費は約14万円ですから、14万円×12か月=約170万円が必要になります。

すると、公的年金だけでは、約70万円不足することになります。

これを貯金から補填したとすると、1700万円÷70万=約24年で貯金が無くなることになります。

この女性が、65歳+24年=89歳の時に、無一文になるってことです。

若干、不安はありますが、なんとかなるかもしれませんね。

僕ならこうする

現在、この女性は370万円もの貯金をお持ちです。

この金額は、約2年分の生活費になります。

もし、何かあっても、貯金で生き延びることが出来ると思います。

であれば、毎月5万5000円を銀行に預けるのは、ちょっともったいないような・・・

仮に、利回り5%で運用出来たら、どうなるか?

毎月5万円を26年間、積み立て投資したとします。

すると、26年後には、約3200万円になっています。

貯金だけだと1700万円にしかなりませんが、投資にまわせば、3200万円になるわけです。

もし、利回り7%の運用なら、約4500万円になり、利回り12%なら、約1億円になります。

利回り12%って、NASDAQに投資していれば、不可能な数字ではありません。

最後に

まだ、日本人は、『老後資金を準備するため貯金する!』という発想しかないようです。

僕の姉も、そんな感じです。

まあ、高給取りの人なら、それでも大丈夫だと思うんですが、僕みたいなポンコツサラリーマンは、そんなことでは間に合いません。

シッカリお金に働いてもらって、自分で増えていってもらうしかないと思います。

その為には、種銭として貯金をしなければいけませんがね。

ある程度の貯金が出来れば、生活費に困ることはありません。

ならば、その後は、どんどん投資にまわしていった方が、効率的だと思います。

厚切ジェイソンさんも、同じこと言っているみたいです。

一度、参考にされてみてはいかがでしょうか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。

ジェイソン流 お金の増やし方 [ 厚切りジェイソン ]

価格:1,430円
(2022/2/25 09:44時点)