カード支払いするなら家計管理は絶対必要。節約できない人は特に。

 

こんにちは。たかです。

クレジットカードでお支払い。

今の時代、これをやらないと損ですよね。

現金で買い物をしていると、少しずつですが、損をしています。

ですが、クレジットカードは使い方を間違えると、とんでもない事になります。

最後には、自己破産・・・なんてことにもなりかねません。

今日、こんな記事を見ました。

『「収入を増やし、支出を減らしたのになぜ?」40代4人家族で貯金ゼロ』です。

収入を増やし、支出を減らせば、普通はお金が余るはず。

でも、なぜか、余らない。

どうしてなんでしょうか?

ちょっとだけ、書いてみたいと思います。

登場するご家庭は?

旦那さん45歳、奥さま42歳、8歳と6歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが32万3000円、奥さまが9万3000円です。

合わせれば、41万6000円です。

ボーナスは、年間で110万円もあるそうです。

世帯年収としては、約750万円くらいはあるでしょうか?

ところが、貯金はゼロ。

ん・・・これで、貯金ゼロって、ちょっとおかしいですよね。

支出は?

さて、支出はどうなんでしょうか?

・住宅費:9万2000円

・食費:6万8000円

・光熱費:2万2000円

・保険:3万3000円

・雑費:1万5000円

・通信費:1万5000円

・車両費:3万9000円

・教育費:4万6000円

・こづかい:2万円

・カード支払い:5万4000円

・その他:2万1000円

合計すると、42万5000円になります。

月の収入は、41万6000円ですから、毎月約1万円ほど赤字になっています。

ちなみに、ボーナスからは、住宅ローン、自動車ローン、毎月の生活費の補填などで、貯金は出来ていません。

ホントに、ギリギリの生活をしているようです。

カード払いってなに?

このご家庭の支出を見てみると、『カード支払い』という項目があります。

その額、月に5万4000円です。

これって、何なんでしょうね?

食費なんでしょうか?

レジャー費なんでしょうか?

家計簿の書き方として、これでは、意味を成しません。

実は、我が家の家計簿も、こうなっていたんです・・・

妻に、『このカードって、何に使ったの?』って聞いてみても、『ん~、何だろうね?』って感じでした。

これでは、対策のやりようがありません。

なので、カード支払いをした時は、『何に、いくら使ったか?』を記載しておかないといけませんね。

その他って?

もうひとつは、『その他』です。

その他って、何なんですかね?

どこにも、分類できないんでしょうか?

『その他』って、家計簿を書く時には、都合のいい項目なんです。

でも、見返してみた時、『あれ?これ、何に使ったんだっけ?』ってことになります。

しかも、毎月2万円も支出しているわけですからね。

なので、出来る限り、『その他』は使わない方が良いですね。

正しい家計管理

新品価格
¥1,378から
(2020/3/23 09:17時点)

最後に

よく、『家計簿なんかつけなくても、お金は貯まる!』なんていう記事を目にします。

家計簿をつけなくてもお金が貯まる人は、基本的にお金の使い方が、ちゃんとしている人なんです。

お金を使う時に、『使ってもいいんだろうか?』って、考えることが出来る人なんです。

でも、そうじゃない人もいます。

適当にお金を使う人が、カード支払いをすると、とんでもない事になります。

支払いのことは考えていませんから、バンバン、クレジットカードで支払いをしてしまうんです。

気がついた時には、既に、おそい・・・

なので、ちゃんと、家計簿をつけて、『何に、いくら使ったのか?』を記録しておかないといけませんね。

家計簿をつけるようになって、今では、我が家の家計も、安定してきました。

使途不明金もなくなりましたしね。

面倒ですが、やった方が良いと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。