残業代をあてにすると困ることになる。ローン返済は出来るだけしない方が良い

 

こんにちは。たかです。

大きなお買い物をする時って、ローンを組むことになります。

たとえば、家を買うとか車を買うとか。

ある意味、仕方のないことかもしれません。

ですが、何もかもローンで買ってしまうと生活が苦しくなります。

今日、こんな記事を見ました。

『34歳子ども3人。貯金ゼロで住宅ローンと借金3つを抱えて…』です。

住宅ローンと借金3つですかぁ・・・

まあ、住宅ローンだって、借金みたいなものですからね。

しかも、お子さんが3人ですからね。

教育費も貯めないといけないし・・・

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん40歳、奥さま38歳、8歳・5歳・3歳のお子さんがいらっしゃいます。

月の収入は、旦那さんが32万円、奥さまが8万円なんだそうです。

合わせれば、約40万円の収入があることになります。

旦那さんの残業が多い時は、50万円くらいになるそうです。

逆に、残業がない時は、17万円くらいになってしまうみたいです。

ってことは、現在、残業代で13万円稼いでいるってことになります。

ちょっと、こわいですね・・・

これから先は、残業しなくても結果を出すことを求められるわけですから。

もしかしたら、ガクッと、お給料が下がってしまうかもです。

ボーナスは、年間で90万円あるそうです。

貯金は、60万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出はどうでしょうか?

・住宅ローン:5万9000円

・自動車ローン:2万5000円

・その他ローン:3万円

・車両費:3万5000円

・食費:6万円

・光熱費:1万5000円

・通信費:4万2000円

・趣味娯楽:3000円

・教育費:2万7000円

・こづかい:3万6000円

・雑費:3000円

・保険料:3万4000円

合計すると、約37万円になります。

月の収入は約40万円ですから、40万円ー37万円=3万円を貯めることが出来ます。

年間では、3万円×12か月=36万円になります。

ところが、ボーナスからは貯金出来ていません。

ん~、きびしいですね。

ローンの中身は?

さて、3つの借金があるようですが、いったい、何にお金を払っているんでしょうか?

こんな感じです。

・太陽光発電の設置:借入額200万円、返済期間15年、毎月1万5000円

・壁の修繕:借入額150万円、返済期間10年、毎月1万5000円

・クルマの買い替え:借入額140万円、返済期間5年、毎月2万5000円

・住宅ローン:借入額2050万円、返済期間35年、毎月5万9000円

ん・・・ローンの組みすぎですよね。

太陽光発電って、何年で元が取れるんでしょうか?

そのうち、メンテナンスが必要になったりしないんですかね。

さらに、壁の修繕って、必要あったんですかね・・・

そんなに簡単には、家の壁って壊れませんけどね。

ローンは組まない方が良い

簡単にローンを組んでしまったばかりに、家計が苦しくなっています。

なので、ローンを組む時って、家計の収支を計算してからじゃないと、やってはいけないと思います。

基本的には、ローンを組まないと買えないものは、買わない。

これが、いちばんいい方法です。

車だって、お金を貯めてから買えばいいんです。

さすがに、家はお金を貯めてからでは買えませんから、ローンを組むしかありませんがね。

最後に

このご家庭は、旦那さんの残業代が無くなったら、破産してしまうでしょう。

今のうちに、家計を見直さないと、とんでもないことになりそうです。

お子さんも、あと数年で、高校・大学に進学しますからね。

ちゃんと準備しておかないと、子供たちが犠牲になります。

そして、自分たちの老後のお金も必要です。

子供たちに助けてもらうなんて、絶対に無理ですからね。

菅さんの大好きな『自助』をやるしかありません。

みなさんは、『自助』って出来ていますか?

我が家の場合は、ちょっと、心細いですがね・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。