貯金を増やしたいのなら、単身者はここを減らせば貯金は出来る。

 

こんにちは。たかです。

僕は、約8年間くらい単身赴任生活を送ってきました。

その時の妻からの仕送り?は月に9万円でした。

この中には、家に戻る帰省費2万円も含まれていました。

ですので、実質使える生活費は、約7万円くらいでしたね。

まあ、結構、つらい時もありました・・・

月に7万円で、食費・光熱費・雑貨費・交際費を賄わないといけませんでしたからね。

今日、こんな記事を見たんです。

『オール外食、食費1日2500円は妥当?貯蓄を増やしたい36歳独身』です。

食費が1日2500円??

何を食べてるの?って感じですが・・・

今後、この方は、貯金を増やしたいそうです。

みなさんなら、どうしますか?

登場する方は?

36歳の未婚の男性です。

月の収入は約28万円で、ボーナスは年に46万円だそうです。

貯金は、約100万円あるみたいですね。

ん~、36歳で貯金100万円では、ちょっと、さみしいですかね。

投資もやってないみたいですし・・・

支出は?

この男性の支出は、こんな感じです。

・住居費:6万円

・食費:7.5万円

・光熱費:1.2万円

・保険料:1.15万円

・通信費:1.5万円

・車両費:2.4万円

・お小遣い:4万円

・その他:1.06万円(奨学金返済)

合計すると約25万円になります。

月の収入が28万円ですので、月に約3万円くらいは貯金しているってことです。

年間では、36万円になります。

さらに、ボーナスが46万円ありますので、年間で82万円を貯金することが出来るんです。

でも・・・

現在の貯金額は100万円・・・

散財してきたんでしょうね。

貯金を増やすなら

この男性の悩みは、『どうやって貯金を増やすか?』ってことです。

貯金を増やすなら、収入を増やすか、支出を減らすか、あるいはその両方ってことになります。

まあ、いちばん簡単なのは、『支出を減らすこと』ですよね。

さて、みなさんなら、なにをいくら減らしますか?

まずは、食費かな?

月の食費が7万5000円ってことは、1日2500円です。

1食830円ってことになります。

そんなに食べますかね・・・

月の食事の回数って、3食×30日=90食になるんです。

僕なら、まずは、平日の朝食は家で食べます。

それだけで、22食分のお金が削減出来ます。

そして、土日は家で食べることにします。

すると、土日は月に8日くらいありますので、3食×8日=24食分の食費がカット出来ます。

合わせれば、22食+24食=46食分の食費を減らすことが出来るんです。

残りの90食ー46食=44食は、今までどおりの外食をしたとします。

44食×830円=36520円になります。

家で食べる46食は、1食200円にします。(おかず代くらい)

すると、46食×200円=9600円ってことになります。

合計すると、36520円+9600円=約4万6000円になります。

現在、7万5000円も食費にかかっていますので、7万5000円ー4万6000円=2万9000円を貯金することが出来るようになります。

保険っているのかな?

みなさんは、生命保険って加入してますか?

加入している方って、多いと思います。

ですが、それは、何のためですか?

おそらくは、もし自分が死んだとしても、『残された家族が経済的に困らないようにするため』ではないでしょうか?

あるいは、『自分の医療費のため』だと思います。

この方は、独身ですから、仮に亡くなったとしても、経済的に困る人はいません。

ですので、必要なのは、ご自分の医療費をカバーする保険だけでいいと思います。

であれば、月に5000円も払えば、りっぱな医療保険ありますからね。

月に1万1500円も支払う必要はありません。

ってことで、1万1500円ー5000円=約6000円は経費カット出来そうですね。

月の貯金額はどうなる?

食費で2万9000円、保険料で6000円を節約したいと思います。

すると、月に3万5000円、年間では42万円も貯金額が増えるわけです。

現在、82万円貯金出来ているはずですので、合わせれば、82万円+42万円=124万円貯金できるようになるんですね。

この生活を10年続ければ、1240万円の貯金になります。

独身40男の歩き方

新品価格
¥1,650から
(2019/12/26 09:46時点)

最後に

この方は、既に36歳です。

社会人になって、約14年も経っているんですよね。

もしかしたら、無駄な14年間を過ごしてきたかもしれません・・・

仮に年間124万円貯めることが出来ていたとしたら、今頃は、14年×124万円=1736万円も貯まっていたわけですからね・・・

50歳になるころには、約3500万円を貯めることも可能だったでしょう。

退職金も含めれば、アーリーリタイアも視野に入ったかもです。

お金の使い方は、ホントに大事だな・・・って感じた記事でした。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。