月の収入14万円で絶望している・・・でも、案外、そうでもないかも。

 

こんにちは。たかです。

毎月の収入が少なくて、絶望している方もいるかもしれませんね。

我が家の息子も、一時期、そんな時がありました。

1日も休まずダブルワークをして、やっと、20万円になるかどうか・・・みたいな。

その時は、結構つらそうでしたが、今は、いろんな仕事をしながら、稼ぎをUPさせているようです。

今日、こんな記事を見ました。

『42歳会社員、貯金はなく、かつかつの生活で楽しみもなく、老後の生活も不安です』です。

かつかつの生活をされているようで、絶望感しかないそうです。

今後は、どうなるんでしょうか?

登場する方は?

42歳の独身女性です。

月の収入は14万円だそうです。

今後は、ボーナスが支給されるようで、年間で76万円もらえる予定だそうです。

ってことは、年収にすれば、約300万円くらいになるんでしょうか?

貯金は、ゼロです・・・

ちょっと、不安になりますよね。

ちなみに、年金は、今のところ、月額4万5000円もらえるようです。

支出は?

一方、支出はどうなんでしょうか?

・住宅費:4万5000円

・車両費:2000円

・食費:3万円

・光熱費:1万円

・通信費:1万円

・保険料:1万3000円

・医療費:7000円

・奨学金:5000円

・雑費:1万8000円

合計すると、14万円になります。

月の収入は14万円ですから、貯金は出来そうになありません。

ん・・・かなりきびしいですよね。

ですが、今後、ボーナスが76万円もらえるわけです。

今まで、ボーナス無しで生活していたわけですから、この76万円は全額貯金することが出来るかもしれません。

60歳まで働いたら?

仮に、60歳まで働いたとします。

ボーナスを全額貯金したとしたら、どうなるでしょうか?

現在42歳ですから、60歳まで、あと18年あります。

すると、76万円×18年=約1400万円を貯めることが出来ます。

60歳から65歳までは、貯金を切り崩して生活をします。

月の生活費は14万円ですから、14万円×12か月×5年=840万円が必要になります。

すると、65歳時点の貯金は、1400万円ー840万円=560万円になってしまいます。

65歳から年金で生活します。

月に4万5000円の年金がありますので、14万円ー4万5000円=9万5000円が、毎月の生活費として不足するわけです。

年間では、9万5000円×12か月=114万円になります。

ってことは、560万円÷114万円=約5年で貯金が底をついてしまうわけです。

これでは、生活出来ませんね・・・

65歳まで働く!

仮に、65歳まで働いたとします。

すると、あと23年あるわけです。

ってことは、76万円×23年=約1750万円を貯金することが出来ます。

その後は、年金をもらいながら生活します。

年間で114万円の生活費が足りませんので、貯金から切り崩します。

すると、1750万円÷114万円=約15年で貯金が底をつくことになります。

その時の年齢は、65歳+15年=80歳です。

ちょっと、心細いですが・・・

まあ、今後、仕事をすれば年金額も増えますし、生活費を見直せば、生きていけるじゃないでしょうかね。

行列のできる人気女性FPが教える お金を貯める 守る 増やす 超正解30

新品価格
¥1,200から
(2020/4/18 12:37時点)

最後に

60歳で仕事を辞めてしまうと、かなり、きびしいかもしれませんね。

出来る限り仕事をするしかないようです。

そうすれば、80歳までは生き延びれそうですからね。

あとは、『年金がどのくらいになるか?』『生活費をどのくらい節約できるか?』ですかね。

生命保険や奨学金の支払いが終われば、生活費も削減出来そうですし。

そうすれば、もっと、資産を長持ちさせることが出来ると思います。

絶望しそうになるかもしれませんが、将来のプランを考えてみると、案外大丈夫かもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。