『コロナなんか怖くない!マスクなんかしない!』って、極端すぎませんか?

 

こんにちは。たかです。

コロナに対しては、いろんな考え方があります。

最近では、『インフルエンザの方が死亡率は高いから、コロナは怖くない!』なんていう記事を読んだこともあります。

でも、何がホントか分かりませんよね、今の段階では。

ホントは、コロナって怖くないのかもしれませんが、コロナで死んだ人がいるのは事実です。

インフルエンザよりも死亡する確率は少ないのかもしれませんが、それでも、死んでしまう事もあるわけです。

だったら、注意するのが普通だと思うんですがね・・・

まあ、それが、『今は行き過ぎている!』ってことを言いたいんでしょうが。

マスクなんかしない!

作家の百田尚樹さんが、こんなことをツイートしたみたいです。

『コロナなんか怖くない! すべての活動を通常運転に戻せ!』って。

今の経済状態をみると、そう言いたくなる気持ちも分かります。

『ちょっと、過剰に怖がりすぎてませんか?』って言いたいんでしょうね。

ところが、第2弾として、こうツイートしたようなんです。

『私はコロナなど怖くない! 有限実行で、マスクなんかしていない!「他人にうつす危険を考えないのか!」と怒鳴った人に言いたい。君は他人を轢き殺す危険のある車を一生運転するな!』だって。

何を言っているのか?

マスクをしなければ、コロナを他人に感染させてしまう可能性があります。

コロナを移された人は、もしかしたら死んでしまうかもしれません。

見方を変えれば、コロナを感染させることで人を殺したってことになります。

同じように、車だって、運転操作をミスすれば、人を殺してしまう可能性があるわけです。

なので、百田さんは、『マスクをしないことを責めるのであれば、あなたは車の運転もするな!』ってことを言いたいんでしょう。

マスクくらいしても良いんじゃないか?

なんだか、ちょっと、極端すぎますよね。

マスクをしなければ、他人に感染させてしまうリスクは高くなります。

あえて、それをやっているわけです。

これを運転に例えれば、赤信号を直進しているようなものです。

赤信号で交差点に突っ込んでいけば、事故を起こす確率は、高くなりますよね。

たしかに、車を運転すれば、人を殺してしまうかもしれません。

だから、規則を守って運転するわけです。

コロナだって、人が活動すれば感染させてしまうかもしれません。

なので、感染対策をするわけです。

そう考えれば、マスクくらいはやってもいいと思うんですがね。

過敏すぎるとは思う

とはいえ、僕も、今の日本では、コロナに対して過敏すぎるような気がします。

東京から来たってだけで、『あっちいけ!』みたいな感覚になっていませんかね。

これは、ちょっと、過敏すぎるような気がします。

しっかり感染予防をすれば、必ずしも感染するわけじゃないと思います。

マスクや手洗い、うがいなんかをこまめにやって、対策をすればいいと思うんです。

百田さんみたいに、極端に感染対策をしない人もおかしいと思いますが、反対に、怖がりすぎる人もおかしいと思います。

最後に

コロナウイルスに関しては、ワクチンや治療薬が出てくるまでは、感染対策をすることで、身を守るしか無さそうです。

特に、高齢者は、重症化しやすいみたいですから、用心しないといけません。

僕は、少しでも感染者数を減らすためには、検査をするしかないと思います。

仮に、コロナウイルスを持っている人がゼロになれば、人に感染させることは無くなるわけです。

そうするためには、検査をやって、一定期間、隔離するしかないと思います。

でも、それをやらないのであれば、感染者数は減ることはないと思います。

テレビでは、感染者とPCR陽性者は違うと言っています。

たしかに、そのとおりです。

ですが、感染させることに関しては、どちらも同じだと思うんです。

感染者だって、PCR陽性者だって、他の人に感染させるんじゃないでしょうか?

であるならば、どちらも隔離しないといけないと思うんですがね・・・

いろいろ考えていると、頭がこんがらがってきます。

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。