公的年金だけだと不安だから、これに加入してみた。終身受け取れるお金。

 

こんにちは。たかです。

みなさんの年金額って、どのくらいになる予定ですか?

僕は、今年50歳になりましたので、ねんきん定期便の内容が変わりました。

50歳以上の人に届くねんきん定期便は、現時点の状態のまま、60歳まで年金加入を続けた場合を想定して作られています。

ですので、まあまあ、実際もらえる金額に近いんじゃないでしょうか。

それによると、僕の年金と妻の年金を合わせると、月に15万円くらいになりそうです。

ん~、予想どおりですね。

でも、これだけだと、なんだか不安です。

僕の場合、70歳で貯金がゼロになる予定なんで、その後は年金のみの生活になるんです。

あと数万円でも多ければ、少しは、生活が楽になりますよね。

ってことで、これに加入することにしました。

ドル建て生命保険

僕が考えていたのは、『死ぬまでお金を出してくれるところはないか?』ってことです。

たとえば、公的年金は、これに該当します。

生きている間は、ずっと、お金を出してくれますよね。

だたし、いくらになるか分かりませんが・・・

『こんな感じのものは無いだろうか?』って考えていたんです。

で、見つけたのが、『終身保険』です。

終身保険は、解約したら、納めたお金が戻ってきます。

ですが、今の時代、円建ての保険って、あまり利率が良くないんですよね。

ところが、ドル建て保険ならば、まだ、マシなんです。

ドル建てならば、納めた金額より、多くなって戻ってきます。

さらに、受け取り方によっては、さらに多く受け取ることが出来るんです。

では、今回、僕が加入した保険について、書いてみたいと思います。

僕が加入したドル建て保険

10年間で、約110,000ドルを払い込みます。

1ドル=100円とすれば、約1100万円になります。

結構なお金でしょ・・・

ですが、10年後には、120,000ドルに増えています。

これを、60歳で解約して、『夫婦連生終身年金』という形で受け取るつもりです。

この『夫婦連生終身年金』とは、夫婦のどちらかが生きている間は、ずっと、払ってくれるというものです。

ちなみに、60歳から受け取る額は、年間で4560ドルです。

1ドル=100円とすれば、約45万円ですかね。

月にすれば、約3万8000円くらいでしょうか?

このレートで計算すると、約25年で支払った額を取り戻すことが出来ます。

25年後と言えば、僕は85歳です。

僕は死んでいるかもしれませんが、妻は82歳ですから、生きている可能性が高いです。

ってことは、払った額は、取り戻せる可能性が高いですよね。

年金にプラスできるけどリスクが・・・

老後の資金としては、年金額が月に15万円、生命保険から3万8000円になります。

合わせれば、約19万円になりますので、かなり、楽になりますかね。

ただし、為替リスクが伴います。

円高になれば、もらえるお金は減ってしまいますからね・・・

ですが、年金だけに頼るよりは、マシじゃないでしょうか?

1100万円はどこから?

実は、この1100万円は、60歳以降の生活費として、準備していたお金なんです。

あと10年は使うつもりはありませんので、どうしようかと迷っていました。

株を買って、配当金をもらおうか?

確実な定期預金に入れておこうか?

ずっと、迷っておりました。

でも、配当金もいつ減配になるか分かりません。

そもそも、株価が下がって、元本割れしてしまっては意味がありません。

定期預金では、まったく増えませんし、メリットがありません。

そこで、生命保険にしたわけです。

原資が減ることもありませんし、若干ですが、10年後には増えています。

しかも25年で取り戻せ、安定した老後資金として計算することが出来ます。

ただし、先ほども書きましたが、為替リスクがあります。

まあ、その時は、円に交換せず、ドルのまま持っていればいいだけですけど。

「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由 (青春新書プレイブックス)

新品価格
¥1,012から
(2019/12/16 11:22時点)

最後に

とはいえ、『僕のやったことは、正解だったんだろうか・・・』って思っています。

だって、大事な生活費を投入してしまったわけですからね・・・

ちょっと、ドキドキしております。

公的年金が多ければ、こんなことやらなくてもいいですがね・・・り

もし、10年後も、このブログを書いていたら、受取り額がどうなっているか、書いてみたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。