日本で生き延びるためには資産運用をしないといけない。お金持ち以外は・・・

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、この先、日本はどうなると思いますか?

先日、岸田さんは、こんなことを言っていました。

『国と地方の基礎的財政収支(プライマリーバランス、PB)を2025年度に黒字化するという政府の目標について、現時点において変更が求められる状況ではない』だって。

どうやら、岸田さんは、プライマリーバランスを黒字化するらしいです。

これって、どういうことなのか?

僕なりの解釈を書いてみたいと思います。

プライマリーバランスとは?

財務省のHPを見てみると、こんなことが書いてありました。

『プライマリーバランス(PB)とは、社会保障や公共事業をはじめ様々な行政サービスを提供するための経費(政策的経費)を、税収等で賄えているかどうかを示す指標です』

『現在、日本のPBは赤字であり、政策的経費を借金で賄っている状況です』って。

税収が少ないから、足りない分は、国債を発行してお金を調達し、行政サービスを行っているみたいですね。

そこで、政府は、プライマリーバランスを黒字化したいと言っているようです。

黒字化するってことは、どういうことなのか?

少なくとも、国債を発行しなくても、税金だけで行政サービスを出来るようにするってことなんでしょう。

では、どうすれば、黒字化できるのか?

お金をまきあげる!

いちばん簡単な方法は、国民や企業から、お金を取り上げればいいわけです。

税金を上げれば、お金なんか、簡単に取り上げること出来ますからね。

そうすれば、黒字化できます。

さらに、行政サービスを減らせば、さらに、黒字化することが出来ます。

ん・・・

ですが、もし、そんなことが起こったら、どうなるんですかね?

企業にお金がなければ、従業員のお給料は上がりません。

今でも、お給料少ないのに、もっと減るかもですね。

その上、税金が上がれば、さらに手取りは減っていきます・・・

お給料もらっても、ほとんど、手元に残らない時代になるかもですね。

どうしたらいいのか?

まず、お給料の中からお金を貯めようとしても、なかなか増えていきません。

だって、手取りが少なくなるわけですかね・・・

なので、全額貯金するのではなくて、少額でもいいので、一部のお金を投資にまわしたほうがいいですね。

もはや、労働だけでは、お金を貯めることは出来ません。

投資をやった人はお金を貯めることが出来ますが、やらない人は、貧乏のままかもしれません。

まあ、年収2000万円くらいあるのなら、話は別ですかがね・・・

僕みたいな貧乏・ポンコツサラリーマンは、アメリカ株に投資をして、お金を増やす努力をした方が良いと思います。

そして、もう一つの方法は・・・

プライマリーバランス黒字化とか、緊縮財政を推進しようとしている政党は、排除したほうが良い。

でないと、日本の経済は、沈んだままで浮かんでこない。

もしかしたら、もう、遅いのかもしれませんが・・・

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。