こういう場合、一生働き続けることになるのかなぁ・・・

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『32歳、新築で3500万円の住宅購入したものの、月60時間あった夫の残業がなくなり、不安です』です。

どうやら、旦那さんの残業代が無くなり、お給料が減ってしまったようです。

そうなると、ローンの返済計画が狂ってしまいますよね。

ですが、もっと、重大な問題があるような気もするんですが・・・

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん33歳、奥さま32歳、2歳のお子さんがいらっしゃいます。

さらに、今、奥さまは妊娠中のようです。

月の収入は、旦那さんが17万円、奥さまが13万円です。

合わせれば、月に30万円の収入があるようです。

残業代がなくなり、旦那さんのお給料は、6万円ほど減ったみたいです・・・

つらいですね。

ボーナスは、年間で約140万円ほどもらっているようです。

世帯年収にすれば、約650万円弱ってところでしょうか。

貯金は、約400万円ほどお持ちのようです。

支出は?

一方、支出はこんな感じです。

・住宅ローン:10万5000円

・車両費:1万8000円

・食費:3万円

・光熱費:3万円

・通信費:2万5000円

・趣味娯楽:5000円

・教育費:2万8000円

・こづかい:4万円

・雑費:1万円

・保険料:4万7000円

合計すると、約34万円になります。

月の収入は30万円ですから、34万円-30万円=4万円の赤字です。

年間では、4万円×12か月=48万円の赤字になるわけです。

この赤字は、ボーナスから補填しているようです。

ボーナスは、毎月の生活費の補填などに使っており、残りの40万円くらいを貯金しているようです。

これが、このご家庭の年間貯金額になります。

さて、この先、どうなるんでしょうか?

60歳まで働いたら?

仮に、今の状態が60歳まで続いたとします。

現在、旦那さんは33歳ですから、あと27年働くことが出来ます。

すると、年間の貯金額は40万円ですから、40万円×27年=1080万円を貯めることが出来そうです。

しかし、35年の住宅ローンがあります。

このローンを完済できるのは、旦那さんが68歳の時です。

旦那さんが60歳の時、残っている住宅ローンは、約1000万円ほどになるんじゃないでしょうか。

ってことは、貯金で住宅ローンを完済すると、老後資金は残りません・・・

しかも、子供の学費も必要になりますので、かなり厳しいことになりそうです。

最後に

このご家庭の場合、家計の見直しを早急にやらないと、とんでもない事になりそうです。

もし、ボーナスがカットされるようなことになれば、たちまち、生活出来なくなりますからね。

支出を減らし、収入を増やして、子供の学費を工面できるか・・・

そこがポイントでしょうか。

そして、自分たちの老後資金は・・・

もう、可能な限り、働き続けるしかありません。

これが、最大の問題ですね。

いくら働く気があっても、雇ってくれる場所がなければ、働くことは出来ません。

サラリーマンのつらいところです。

この問題をクリアするためには、自力で稼げるようなる。

これしか無いですね・・・

みなさんは、いつまで働きますか?

働けると思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。