僕の場合、3000万円あればリタイアできたかも。これからは自分流の生き方を。

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『「20代で隠居」した男性に直撃。“月収5万”でも快適生活の謎に迫る』です。

この記事の中に、大原さんという方が登場します。

この方は、20代で隠居生活をされているようです。

ですが、その生活ぶりがすごい。

なんと、月の生活費は5万円なんだそうです。

現在は、台湾にお住まいなんだそうですが、日本よりも少しだけ物価が安いらしい。

でも、月5万円ってすごいですね・・・

なので、年間60万円を稼げば、生きていけるわけです。

無駄なお金が多い

この記事の中で、大原さんは、こう言われています。

『日本人は働きすぎの人が多いと思いますよ』って。

ん~、そんな気もするかな・・・って感じです。

最近、こんなことを感じます。

『日本って、無駄なことにお金を使いすぎじゃないのかな?』って。

いちばん思うのは、子供の学費。

大学なんて、バカみたいに高いですよね。

その割に、大学で勉強したことって、ほとんど役に立っていない。

だったら、行かなきゃいいのに・・・って思うんですが、大学に行かないと、就職に影響しますよね。

なので、『大卒しか採用しない!』なんていうことを、会社がやめてくれればいいのにって思うんです。

稼がなくていい

その他にも、無駄なお金の使い方ってあると思います。

そういったお金が無くなれば、そこまで、稼がなくても良いんじゃないか。

すると、仕事をする時間が短くなる。

ってことは、自由な時間が増える。

そうすれば、ストレスも軽減され、楽しく生きていくことが出来るんじゃないですかね。

でも、そんな質素な生き方を嫌う人もいるでしょう。

『オシャレな食事をしたい』

『豪華な旅行をしたい』

『大きな家に住みたい』などなど。

人には、欲望がありますからね。

そういった人は、お金を稼がないといけないかもしれません。

月10万円で生活

もし、僕が独身なら、月10万円もあれば、生活出来ますね。

年間では、120万円です。

しかも、かなり余裕のある生活が出来そうです。

ってことは、もし3000万円あれば、簡単にリタイア出来そうです。

3000万円を株に投資をして、配当金を年に90万円もらうとします。

残り、30万円を稼げばいいだけです。

月にすれば、約3万円弱。

これならば、PC1台あれば、なんとか出来そうですからね。

20代で隠居: 週休5日の快適生活

新品価格
¥1,404から
(2020/6/2 10:45時点)

最後に

いろんな生き方があっても良いように思います。

必死に働いて、お金をたくさん稼いで、ジャブジャブお金を使う生活。

あるいは、最低限、必要なお金を稼いで、その他の時間は自由にする生活。

その他にも、生き方ってあるんでしょう。

どういう生き方が良いのか?

もっと、若い時から考えておけばよかったなぁ・・・なんて、思う時もあります。

そしたら、結婚もしてなかったかもしれないし、子供もいなかったでしょう。

もっと若いうちにリタイアして、好き勝手に生きていたかもしれません。

ですが、現実は、結婚をして、妻1人に子供が2人。

家族を養うために、精神的に追い込まれながら仕事をして、お金を稼いだ。

そして、49歳の時に、ついにギブアップ。

それからは、自由に生きている。

どっちが良かったのか、分かりませんね・・・

これを運命と言うんでしょうか。

これから先は、世間一般の考えに流されず、自分流の生き方を考えていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。