転勤嫌いの学生が増えているそうです。以前からそうだったと思いますが・・・

 

こんにちは。たかです。

僕が会社に就職したのは、約26年前です。

バブルが崩壊した直後くらいで、就職難のはしりの時期です。

その数年後は、ホントに就職難で、学生さんも苦労したようでしたね。

なので、入社して来る学生は優秀な人が多く、僕みたいなちゃんぽらんな奴はいませんでした。

ついでに言えば、僕の出身大学から入社してくる人も、いなくなりましたね。

先輩の働きが悪かったせいでしょうか・・・反省致します。

今日、こんな時期を見ました。

『就活生の7割が敬遠…なぜ「転勤嫌い」が急増しているのか』です。

内容をご紹介します。

転勤したくない学生は約70%

就職活動をしている学生、約5700名のアンケート結果みたいです。

その約70%の学生が、『ひとつの場所で働きたい』あるいは『どちらかというとひとつの場所で働きたい』と答えたようです。

ん~、当たり前のような気がするんですがね。

僕らの時もそうだったと思うんですが。

もし、違うとすれば・・・

思春期の子に、本当に手を焼いたときの処方箋33 (小学館新書) [ 土井高徳 ]

価格:756円
(2019/3/28 18:37時点)

総合職は転勤が当たり前

社内で出世したければ、総合職で入社しないといけませんでした。

ですが、総合職で入社すれば、転勤は当たり前だったんです。

『転勤しないと出世しないよ!』なんて、大学から言われたことありますが、まったくのはずれではありませんが、ちょっと違うような気がします。

僕らの時代は、まだ、『出世してお金をたくさんほしい!』とか『出世したらかっこいい』っていう学生が、多かったと思います。

なので、『転勤はしかたない』って、諦めていたんだと思うんですよね。

僕らの時代だって、訳もなく『転勤したいです!』なんて人は、少なかったと思いますがね。

今の学生は出世を望んでない

ところが、今の学生さんは、出世を望む人が減ったんだと思います。

まったく、いなくなったとは思いません。

出世よりも、大事なものを知っているんじゃないでしょうか?

だから、一般職での入社を希望している学生さんが増えているんじゃないでしょうかね?

そうすれば、出世はしませんが、転勤はありません。

仕事内容も限られますので、もしかしたら、自分の好きな仕事をずっとやる事が出来るかもしれません。

学生さんの考え方が変化するのは、時代の流れではないでしょうか?

最後に

僕の意見としては、転勤したい人は転勤する。

したくない人は、転勤しない。い

これが良いんじゃないでしょうか?

特に、子供の年齢が微妙な時期は、両親が揃って子育てをした方が良いと思います。

僕は、子供たちが思春期に単身赴任を開始しました。

その結果、ホントに大変でした。

特に、男の子は母親だけでは、どうにもならない時があります。

やはり、父親が必要な時もあるんですよね。

僕は、その時に家に不在でしたので、よく妻が泣きながら電話してきてました。

そうなると、僕自身、仕事どころではないんです。

仕事の効率も悪くなりますので、結果として、会社も損をすることになります。

話しがだいぶ脱線しました・・・

ってことで、社員が楽しく仕事が出来るように、人事配置を考えて欲しいですね。

まあ、僕には関係ない話になりましたが・・・

あしたも、明るく・楽しく・優しく・感謝して生きていきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。