早期退職の意思を確認する面談が、ついに始まったみたい

 

こんにちは。たかです。

僕が勤めている会社では、『早期退職優遇制度』なるものが発令されました。

いわゆる、退職金の上乗せをしてくれるっていう制度ですね。

全く無いよりは、ありがたい話です。

とはいえ、ビックリするほどは、くれません。当たり前ですかね。

予定では、2019年3月末で退職することになります。

僕は、この制度が発令される前から、辞めようと考えていました。

ですが、少しだけですが、『まだ辞めない方がいいかな?』なんて気持ちがあったのは、間違いありません。

当然ながら、悩んでいました。

ですが、ちょうどタイミングよく、この制度が発令されたので、早期退職への決意が確実になった。って感じです。

退職届の受付開始が、12月からの予定みたいです。

まだ、不確定な情報しか知らないんですが・・・

その前に、『早期退職面談』ってやつが、あるそうなんです。

それが、ついに、今月始まった・・・

もう、早速、今日始めた部署があったようです。

どんな内容だったかは、情報がないんですが、おそらくは、『たかさん、あなたは、早期退職については、どのように考えてるんですか?』みたいな、感じでしょうか?

なんて答えようか・・・

以前の記事にも書きました。

なんて、答えたらいいんだろうか?

素直に、『辞めます!』って表明したら、降格させられた。とか、なったりしないか?

あるいは、嘘ついて、『いや、僕はまだまだ、この会社でがんばります!』って言ったら、辞められなかった。

実は、退職者は、先着順で決まっていた。とか、なったりしないか?

未だに、答えを出すことが出来ていません・・・

中途半端な答えがいいのか?

例えば、『前向きに検討しています!』ってどうでしょう。

なんか、変な感じですね。

『早期退職を、前向きに検討している。』って言うのは・・・

つまりは、まだ、分かりません。

辞めるかもしれませんし、いるかもしれません。

ハーフ・ハーフです。(どこかの、スケート選手みたいです。でも、結局、辞めましたね。)

こんな答え方が、いいのかな?

まだ、時間がある

僕の面談は、再来週くらいの予定です。

まだ、時間がありますので、情報収集をしたいと思います。

過去にも、同じような面談がありましたので、退職された方に、意見を伺いたいと思います。

なんで、そこまで気にするのか?

これを読んでいただいている方の中には、『なんで、そこまで気にしているんだ?辞めるんだったら、どう答えてもいっしょだろ?』って思われる方が、多いと思います。

そうなんですが、そうじゃないこともあるんですね・・・分かりにくい。

実は、退職金の上乗せ額が、減少することがあるんです。

その理由が、降格人事です。

来年、3月末までに降格させられたら、上乗せ金は減ります。

『辞めます!』なんて、元気に答えたら、『だったら、降格ね』なんて、なりかねません。そんな会社です・・・

なので、ギリギリまで引っ張って、降格させられない様にして、いきなり、退職宣言をする。

これが、ベストなんですが、あまり引っ張りすぎると、定員オーバーになるかもしれない。

なんか、ジレンマです。

最後に

なんか、ウジウジした感じで、僕自身イヤなんですが、上手に立ち振る舞わないと、変なことになりそうです。

最終的には、さまざまな情報を入手して、『最高の退職金上乗せ額』をいただいて、やめてやろうと、たくらんでおります。

まあ、そんなには増えないんだけど・・・

『早期退職面談対策』が出来上がりましたら、このブログで公開させていただきたいと思います。

なんの、参考にもならないと思いますが・・・

本日も最後までお付き合い頂きありがとうございました。