元同僚から飲み会のお誘い。蔓延防止措置が解除されたから?では、なかった。

 

こんにちは。たかです。

昨日、勤めていた会社の同僚から、LINEが入ってきました。

その内容とは・・・

『たかさん、来週の○○日に飲みに行きませんか?』って。

その同僚とは、2年近く会っていません。

どうやら、昨年に福岡に転勤して来ていたようです。

まあ、コロナ禍ですから、何も連絡して来なかったんでしょう。

先日、福岡に出されていた『蔓延防止等重点措置』が解除されたので、連絡して来たかと思っていたんです。

しかし・・・どうやら、そうでは無さそうです。

相談があって・・・

その同僚のLINEの続きは、こうです。

『実は、早期退職制度が出ていまして、会社を辞めようかどうか迷っているんです』

『そこで、ちょっと、たかさんに相談しようと思って・・・』って。

またしても、早期退職優遇制度が出たようです。

僕が会社を辞めてから、おそらく、2回目の発令だと思います。

なんて、会社なんでしょうね・・・

そんなに社員が邪魔なのか?

そんなに?

さらに、その同僚のLINEには、こう書かれていました。

『実は、会社を辞めようか迷っているのは、僕だけじゃないんです』

『あと、2名いまして・・・』

『そいつらも、一緒に良いですか?』だって。

そんなに会社を辞めたい人がいるのか・・・

もう、この会社、末期症状ですね。

早めに、辞めておいて良かったかも。

そして、同僚のLINEをじっと見ながら、こんなことを考えていました。

『行こうかなぁ?』

『どうしようか・・・』

『いろんなことを聞かれても、答えられないしなぁ・・・』

『僕が口を開けば、会社を辞める方向にしか行かないし・・・』

と、いろいろ考えたのですが、最終的には、飲み会に参加することにしました。

ただ、お酒を飲みたかっただけなんですがね。

最後に

今年に入ってから、多くの会社が早期退職制度を出していますよね。

なので、『会社、辞めようかなぁ・・・』なんて、思っている人多いんじゃないでしょうか?

最終的に決断するのは自分自身なんですが、それまでに、いろんな人の意見を聞いたほうが良いと思います。

僕だけの意見を聞けば、『よし、会社なんか辞めちゃおう!』ってなりますし、別の人に聞けば、『もう少し、がんばってみるか!』ってなるんでしょう。

なにが言いたいかと言えば、『人は人、自分は自分』ってことです。

いろんな意見を聞き、自分に最適な道は、どれなのか?

これを想像するしかありません。

僕の場合、会社を辞めて良かったと思っています。

でも、僕と同じ時に会社を辞めた人は、どう思っているか分かりません。

人それぞれなんですよね。

なので、今度の飲み会では、僕の意見というよりは、事実だけを話して来ようと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。