歯科検診が義務化される?国民を統制しようとしているのか?

 

こんにちは。たかです。

先日、こんな記事を見ました。

『政府「国民皆歯科検診」導入を検討 全国民に毎年歯科検診義務付け』です。

みなさんも、既にご存知だと思います。

この記事によれば、『政府は、全ての国民に毎年の歯科検診を義務づける「国民皆歯科検診」の導入に向け、検討する方針をまとめました』と書かれています。

歯科検診を義務化するんだそうです・・・

なぜ、今?って感じです。

義務化する理由は、『歯の健康を維持して他の病気の誘発を防止し、医療費抑制につなげるため』らしいです。

歯周病は、心疾患や糖尿病と関りがあるんだそうです。

だとしても、国民全員に義務化だなんて、ちょっと、違和感ありますね・・・

歯科医師を助けるため?

コロナの影響で、歯科医は、かなりダメージを受けているんじゃないでしょうか?

そこで、歯科医師たちが、自民党に泣きついたんじゃないんですかね・・・

『助けてくれたら、選挙で投票します!』なんてこと言っているのかも。。。

あるいは、政治家の方から、歯科医師たちの方に、持ちかけているのかもしれませんが。

いずれにしても、利権が絡んでいそうな案件ですよね。

さらに、僕は、こんなことも感じるんです。

統制するため

国民に義務を与えることで、国民を統制しようとしているんじゃないかと思うんです。

国民から選択するという権利を奪って、もっともらしい理由を言いながら、国民に義務を増やしていく。

そして、国民が政府の言いなりになるように、仕向けているんじゃないでしょうかね。

こんなことが、どんどん増えていくと、国民が義務化に慣れてしまいます。

これって、おそろしいことです。

国民が考えることをしなくなり、政府の言うとおりに動くようになるわけですからね。

もし、政府が戦争を始めても、国民はそれに従うようになるでしょう。

もっともらしい言い訳をして、国民を戦争に向かわせるかもしれません。

最後に

ちょっと、考え方が飛躍しすぎですかね・・・

ですが、最近、自民党は敵がいないので、やりたい放題のような気がします。

メディアも現政権を支持しているので、政権支持率が高く報道されています。

岸田政権の支持率が70%だなんて、ちょっと、信じられません。

政治家さんは、アメリカや中国の言いなりになり、日本なんか、どうでも良いって感じにしか思えません。

このままだと、日本は中国と戦いになるんですかね・・・

アメリカは、そうなるように、台湾に武器を送っています。

ホントに、おそろしいです・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。