ドル建ての保険って、そんなに悪いんだろうか?

 

こんにちは。たかです。

ネットで家計相談の記事を見ていると、ドル建て保険を否定する記事をよく見ます。

中には、ドル建て保険を解約して、iDeCoで運用するように指示するFPさんもいらっしゃるくらいです。

ホントに、そうなんでしょうかね?

今日は、ちょっとだけ、ドル建て保険について考えてみたいと思います。

ドル建て保険を否定する理由

FPさんが、ドル建て保険を否定する理由として、以下の2つがあります。

・為替差損を生じる可能性がある

・中途解約すると元本割れする

たしかに、そのとおりだと思います。

では、ひとつずつ、考えてみたいと思います。

為替差損について

たとえば、支払った保険料が、1000ドルだったとします。

その時は、1ドル=100円のレートだったとすれば、総額1000ドル×100円=10万円支払ったことになるわけです。

仮に、振り込み期間終了時に解約すれば、返戻金が1000ドルになっていると思います。

そしたら、受け取る金額はどうでしょうか?

1ドル=100円なら、10万円ですよね。

一方、1ドル=90円になっていたら、9万になってしまいます。

たしかに、円高になれば、損をしてしまいますよね。

ですが、その逆もあるわけです。

もし、1ドル=110円になっていたら、11万円になるわけです。

なので、為替差損もありますが、為替差益もあるんじゃないでしょうかね。

では、この為替差損をしない為には、どうすればいいか?

それは、保険会社からはドルで受け取って、円安になった時に、円に交換すればいいんじゃないでしょうか?

中途解約について

この問題は、仕方ありません。

ですので、保険に加入する前から、解約しなくても良いように、無理のない保険料にするしかありません。

もし、保険料が払えない状況になったら、解約せず、『払い済み』にしておけばいいだけです。

そうすれば、保障も残りますし、返戻金も若干増えると思います。

保険って、意外と、いろんな形に変化できます。

たとえば、『半分解約して、半分はそのまま残せないか?』など。

ですので、担当者に相談してみたほうがいいですね。

ドル建て保険の良いところ

僕が思う、ドル建て保険の良いところを書いてみたいと思います。

それは、ズバリ、リターンが高いってことです。

今の時代、円建ての終身保険なんか、保障額が、支払った額より少ないなんてことがあります。

なんのために保険に入っているか分かりません。

僕が、勧められたドル建て保険は、10年で約113000ドルの支払いです。

それが、10年で約120000ドルに増えることになっています。

これは、確定なんです。

約1.07倍になります。

仮に、1ドル=100円なら、1130万円支払って、10年後には1200万円になっていることになります。

10年で70万円増えるわけですね。

今どき、なかなか、こんなものは無いでしょう。

これを、10年後に解約して、解約返戻金を『夫婦連生終身保険』という形でもらうとします。

これは、夫婦どちらかが生きている間は、ずっと、支払ってくれるというものです。

この保険の場合、年に約45万円支払ってくれます。

計算すると、約25年くらいで支払ったお金を取りもどすことが出来ます。

さらに長生きすれば、お得になるわけです。

仮に、僕が60歳の時から受け取りを始めたとすれば、85歳で払ったお金を取り戻せます。

もし、僕が死んでも、妻が生きている限り、毎年45万円もらえますから、生活費の足しになりますよね。

僕の妻は、3歳年下ですから、まちがいなく生きていると思います。

しかも、それを、ドルで受け取って円安の時に交換すれば、さらに差益も得ることが出来るかもです。

でも、加入していませんけどね・・・勧められただけです。

最後に

今日は、ドル建て保険について考えてみました。

たしかに、為替リスクもありますし、為替手数料も取られます。

中途解約すれば、戻ってくるお金は、支払ったお金より少なくなっています。

リスクはありますね。

でも、リスクのないものなんか、この世の中ありませんよね。

iDeCoだって、元本保証ではありません。

減る可能性はあるわけです。

やはり、リスクはあるんですね。

要は、『リスクを理解して、そのリスクを如何に軽くするか?』が大事なんじゃないでしょうか?

別に、僕は、保険会社の人間ではありませんので、ドル建て保険をお勧めしているわけじゃありませんよ!

そして、iDeCoを否定しているわけでもありません。

やはり、『あやしい・・・』って思ったら、加入しない方がいいです。

ちゃんと、自分で理解してお金を扱うことが、これからは重要になると思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。