ガソリン安くなりましたか?やっぱり、政治家さんには、変わってもらった方が良い。

 

こんにちは。たかです。

昨日、ガソリンを入れに行きました。

我が家では、あまり車を使わないので、月に1回だけ3000円くらいしか入れません。

しかし、最近では、それでは足りない時も出てきました。

そりゃそうですよね。

3000円分入れても、以前なら、20L入れることが出来たのに、今では、17Lくらいしか入れることが出来ません。

僕がいつも使っているガソリンスタンドでは、1Lが172円になっていました。

ん・・・

いつになったら、ガソリンって、安くなるんですかね?

補助金制度

政府は、元売り業者に、補助金を出すことで、ガソリンや軽油の値段を抑えようとしているみたいです。

みなさんも、ニュースなどでご存知だと思います。

具体的には、こんな感じのようです。

『経済産業省が毎週公表するレギュラーガソリン1リットル当たりの給油所店頭価格が、全国平均で170円以上となった場合に制度を発令する』

『27日からの1週間分は、1リットル当たり3円40銭を補助する。2週目以降の分は、元売りの原油仕入れ価格の上下に応じて補助金を出す』

『ガソリン以外も同額で、いずれも上限は5円と決められている』

たったの5円しか、補助金出さないんですね・・・

しかし、元売り各社は、27日から2円50銭値上げする予定だったそうなので、実質的には、90銭しか安くならない・・・

国民にとっては、ほとんど、影響なしって感じです・・・

トリガー条項やれよ!

トリガー条項とは、簡単にいれば、こんな感じでしょうか?

『原油高などでガソリン価格が高騰したような場合に、ガソリン税を引き下げるためのルール』

具体的には、『「揮発油税」と「地方揮発油税」の特別税率分25.1円を徴収しないようにする』というものです。

今は、東日本大震災の復興財源を確保するために、トリガー条項は凍結されているようなんですがね。

ですが、法制度を変えて、トリガー条項を使えるようにすれば、25.1円も安くすることが出来るんですがね・・・

なんで、やらないんですかね?

マジで、今の政権では、ダメだと思いますね。

国民のことなんか、ちっとも考えてない。

ガソリンが高いのは、資源国が石油を掘らないから。

では、なぜ、石油を掘らないのか?

そこには、ロシアとウクライナ・アメリカの問題が、関係していると思うんですがね。

なので、今後、ますます石油は高くなり、国民の生活を圧迫することでしょう。

税金を安くしないと、ホントに国民の生活は、ガタガタになります。

最後に

今、岸田さんは、何もしません。

あえて、何もしないんでしょう。

だって、何かやると、支持率下がりますからね。

何もやらない方が、支持率上がるんです。

やるとしても、『まんぼう』や『緊急事態宣言』を出すくらいでしょうね。

こういう意味のない対策をやると、なぜか、支持率が上がるんですね・・・

不思議な国です。

そして、動き出すのは、参議院選挙後ではないでしょうか?

そこでやることは、『増税』かもしれません・・・

その結果、日本経済は、完全に破壊されることになるんでしょう。

すると、外国から日本の土地や企業などを買う人がたくさんやってきて、日本は日本で無くなるじゃないでしょうか?

これが、僕が心配していることのひとつです。

気がついたら、日本の総理大臣は、外国人になっているかもですね・・・

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。