GO TO イートって、2回目以降はタダになる?ちょっと、疑問になりました。

 

こんにちは。たかです。

GO TO イートキャンペーンが、そろそろ、始まりそうな感じですね。

事業を委託する業者も決定したようですので、どんどん、進んでいくことでしょう。

ただ、コロナ禍の中、どれだけ、この制度が使われるか疑問ですがね・・・

僕は、この制度を使うかどうか分かりませんが、少しだけ、内容を確認してみました。

そしたら、ちょっと、疑問に感じたことがあるんです。

それは、『この制度を使うと、2回目以降の食事はタダになるのではないか?』ってことなんです。

今日は、この疑問について書いてみたいと思います。

GO TO イートとは?

まずは、『GO TO イート』について書いてみたいと思います。

GO TO イートは、2つの事業に分かれています。

ひとつは、『購入金額の25%を上乗せするプレミアム付き食事券』

もうひつは、『オンライン飲食予約サイト経由の飲食予約でポイントを付与』です。

プレミアム付き食事券

『食事券』については、いつもと同じですね。

たとえば、1万2500円の食事券を、1万円で販売するってものです。

要するに、2500円分お得になるわけです。

この食事券は、地域の飲食店で使えるみたいです。

ポイント付与

一方、『ポイント付与』に関しては、少し複雑です。

オンラインでお店を予約して、来店した場合、次回以降に使用できるポイントが付加されるというものです。

昼食の時間帯であれば500円分のポイント、15:00以降であれば、1000円分のポイントが付与されるようです。

湧いてきた疑問とは?

この説明書きを見て、僕が思った疑問とは、こんな感じです。

 

仮に、オンラインで19:00にお店を予約して、食事をしたとします。

この日の支払いは、自費でお金を払うことになります。

ですが、帰る時に、1000円分のポイントを付与してくれるわけです。

翌日、オンラインで18:00にお店を予約して、800円分の食事をしたとします。

この日の支払いは、前回、1000円分のポイントをもらっていますので、そのポイントを使います。

すると、手持ちのポイントは、200円分になってしまいます。

ですが、帰る時に、1000円分のポイントがもらえることになるんです。

ってことは、手持ちのポイントは、1200円分になるわけです。

これを繰り返すと、キャンペーン中は、ずっとタダで食事が出来ることになります。

しかも、ポンイントは、どんどんたまりますので、最終的には高い料理を食べることも出来そうです。

ん??

そんなことあるんだろうか?

高級店しか参加しない?

2回目以降、ずっと、1000円以内の食事をすれば、成立するんじゃないかと思うんです。

でも、1000円以上の食事をすれば、手出しが発生しますがね。

もしかしたら、お手軽なお値段のお店は、このキャンペーンに入ること出来ないんだろうか?

お寿司屋さんとかステーキ屋さんみたいな、高級店しか、参加できないんですかね・・・

それだと、あまり、経済効果はないようにも感じますし・・・

ん~、こんなバカなことを考えてしまいました。

最後に

7月から始まった『GO TO トラベル』は、7月27日から8月20日で、延べ約420万人が利用したんだそうです。

これって、効果があったのかどうか、分かりませんけどね。

ほっといても、このくらいの旅行者はいたかもしれませんし。

 

コロナに対する国の方針は、『WITH コロナ』だと思います。

ってことは、コロナを封じ込めようとはしていません。

であれば、感染対策をしながら、経済活動をするしかありません。

でないと、経済は落ち込み、衰退していく一方です。

しかしながら、国の対策は、国民任せです。

『感染対策を万全にしてください!』だけですからね。

もっと、やることあると思うんですが・・・

隔離施設やコロナ専門病院を準備する。

人を雇って、保健所の人員を増やす。

検査数を増やす。

などなど。

なぜ、やらないのか?

きっと、『お金を使いたくないから』『もう、これ以上、国債を発行したくないから』だと思います。

これでは、ずっと、このままかもしれませんね。

そのうち、諸外国は、コロナから脱出するかもしれません。

日本だけ、いつまでたっても、コロナと闘っている。

そんな風にならなければいいと思っています。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。