インデックス投資って、案外、難しいのかなぁ・・・その理由とは?

 

こんにちは。たかです。

アメリカの株価も、上がったり下がったりして、不安定ですね。

直近最高値から、S&P500は約10%の下落、NASDAQ100は約15%の下落となっています。

なので、ITバブルやリーマンショックの時と比べれば、全然、たいした下落ではありません。

しかし、ネットでは、『株は売ったほうが良いんでしょうか?』みたいな不安な書き込みをよく目にします。

中には、『損切りしました・・・』みたいに不安に耐えきれず、退場してしまった人もいるようです。

そういう人って、インデックス投資をしている人に、多いような気がしますね。

なんとなく始めたから?

なぜ、インデックス投資をやっている人が、退場しているのか?

インデクッス投資をしている人の中には、他人に勧められて、なんとなく始めた人がいるんじゃないでしょうか?

あるいは、ネットの情報を見て、インデックス投資を始めた人が多いのかな。

そういった人は、インデックス投資のメリット・デメリットを理解してないので、ちょっと含み損が出ると、あっさり退場してしまうんじゃないかと思います。

そう考えると、インデックス投資って、案外、難しいのかもしれません。

しっかり勉強して、インデックス投資の良さを理解してから投資をしないと、損をしてしまうかもしれませんね。

インデックス投資の良いところ

それでは、ド素人の僕が思う、インデックス投資の良いところを書いてみたいと思います。

そもそも、インデックス投資とは何なのか?

インデックス投資とは、『市場の動きを示す指数と同じ動きをするように運用する投資手法』のことです。

なので、市場が上がっていけば、自分の利益も増えていくわけなんです。

個別株投資の場合は、その会社がおかしくなれば、すべてダメになりますが、インデックス投資の場合は、そんなことにはなりません。

なので、安心感もありますよね。

では、アメリカの株式市場って、どうなっているんでしょうか?

S&P500もNASDAQ100も、最高値を更新しています。

最高値を更新しているってことは、ずっと、上昇してきているわけです。

この先も、どんどん市場が大きくなると思うのならば、インデックスファンドを買って、そのままにしておけばいいですよね。

逆に、アメリカの株式市場が、どんどん下がって行くと思うならば、やめればいい。

それだけの事だと思います。

今年に入ってから、アメリカの株式市場は、2桁の下落をしていますが、僕は、まだまだ、市場は上がっていくと思います。

世界の優秀な企業たちは、アメリカの株式市場に上場してきていますからね。

数年後が楽しみです。

最後に

株って、お金もうけのためにやっている側面もありますが、企業を応援するっていう側面もあると思います。

世界中の企業が、さまざまな技術を開発し、便利なものを作り出しています。

僕は、そういった企業を応援したい気持ちもあります。

特に、NASDAQ市場に上場している企業は、ハイテク企業が多いですよね。

なので、僕は、NASDAQ100への投資比率が高くなっています。

NASDAQ100のインデックス投資をする事で、これらの企業を応援していきたいと思っています。

数か月とか、そんな短期ではなく、10年・20年・30年と僕の命がある限り、長期で応援していきたいと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。