リストラと転職の時代になるのか?アーリーリタイアの時代が来るかも

 

こんにちは。たかです。

今年に入ってから、早期退職の募集をする企業が増えてきました。

これからも、どんどん、このような企業は増えていくことでしょう。

早期退職募集の対象者は、だいたい、45歳以上か50歳以上です。

ってことは、既に、45歳からは、不要な人材ととらわれているわけですね。

もはや、サラリーマンの定年は、45歳なのかもしれません。

早期退職を募集する企業とは?

今、早期退職を募集する企業をみていると、2パターンに分かれる気がします。

ひとつは、業績が悪化して、やむを得ずやっているところ。

もうひとつは、業績が良いうちに、内部の組織改革を行っているところ。

この2パターンじゃないでしょうか。

業績が良いうちに早期退職を募集している会社には、ある特徴があります。

それは、『若い人材が来る』、『中途採用で人材が来る』ってことです。

ですので、おっさんをリストラしても、人材には困らないんですね。

そして、『業績が悪くならない』ってことです。

その理由は、早め早めに手を打ちますので、業績悪化にならないんです。

僕が勤めていた会社もそうです。

小さな規模の会社でしたが、数年後、業績が悪化しそうだと思うと、リストラを実施してきました。

そうやって乗り切った後、また、人材を補充するやり方なんです。

就職するなら

もし、就職するなら、早期退職を募集している会社がいいと思います。

ただし、業績悪化が理由で、リストラしている会社はダメですけどね。

僕のような要らない人材は、どんどんリストラして、経営を安定させる。

そっちの方が、若い社員からすれば、安心できるんじゃないでしょうか?

反面、当然ながら、若い社員だって、定年までは働けないでしょう。

自分が、45歳くらいになれば、リストラ候補になるわけですからね。

クビを洗って、待っているしかありません。

転職もしやすくなる

どんどんリストラが進めば、転職がしやすくなります。

特に、若い人たちは、チャンスが来ますね。

おっさん連中をリストラして、若い人材を取るようになる。

そういった企業が増えるんじゃないでしょうか?

会社としては、若い人材を引き止めるために、年収も上げるでしょうし、チャンスを与える機会も増えるんじゃないでしょうか。

初めの就職活動に失敗しても、どうにかなるかもしれません。

しかしながら、転職に成功しても、45歳くらいになれば、今度は自分がリストラ候補になってきます。

これの繰り返しになるんでしょうか?

「自分の名前」で勝負する方法を教えよう。 効率的に成功をつかむための40のヒント (単行本)

新品価格
¥1,540から
(2019/12/4 15:30時点)

最後に

今後は、優秀なサラリーマンは、転職を繰り返し、年収をあげていく。

そして、45歳くらいを目途にサラリーマンを卒業し、自営業になるか、あるいは、そのままリタイアするんじゃないでしょうか?

サラリーマンでも、貧富の差が、今以上につくような気がします。

そんな時代に生まれなくてよかった・・・

僕のようなポンコツサラリーマンは、どこにも、居場所が無かったかもしれません。

終身雇用、年功序列がなくなり、転職、起業、アーリーリタイアがふえてくるんじゃないですかね。

今日は、ちょっとだけ、妄想モードに入っております。

勝手な考えですので、気にしないでくださいね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。