無理な教育ローンを借りてまで進学する必要はあるのか?

 

こんにちは。たかです。

アーリーリタイアを阻むものとして、『教育費』があります。

国立大学に進学しても、4年間で約250万円がかかります。

私立大学になれば、理科系ならば、約600万円はかかるでしょうね。

もし、実家から出て生活するようになれば、別途、仕送りが必要になります。

全国平均では、月に約10万円の仕送りをしているようです。

仕送りだけで、4年間で約500万円にもなるわけです。

ってことは、子供ひとり当たり、約1000万円は覚悟しないといけません・・・

今日、こんな記事を見ました。

『52歳貯金なく、ローンの返済が世帯収入の50%に達しています』です。

なんと、このご家庭は、お子さんが3人いたんですが、教育ローンで約1500万円の借金をしたようです。

現在は、お子さんは独立されていますが、残された教育ローンを、親御さんが支払いされています。

さて、どんなご家庭なんでしょうか?

登場するご家庭とは?

旦那さん58歳、奥さま52歳、お子さんは3人とも独立されています。

月の収入は、旦那さん19万円、奥さま18万円、合わせれば37万円になります。

ボーナスは、年間で40万円あるようです。

残念ながら、貯金はゼロなんだそうです・・・

支出は?

・車両費:1万円

・食費:5万5000円

・光熱費:2万円

・通信費:2万円

・趣味娯楽:7000円

・こづかい:4万円

・教育ローン:11万5000円

・その他のローン:7万円

・保険:3000円

・その他もろもろ

合計すると、37万円になります。

月の収入は37万円ですから、まったく、貯金が出来ないってことです。

しかも、教育ローンの返済は、あと12年残っているんだそうです。

さて、みなさんなら、どうしますか?

どうしようもない・・・

借金ですから、支払うしかないんですが、このままでは、自分たちの老後資金は貯めることは出来ません。

ん~、僕なら、子供に支払いをお願いしますかね・・・

だって、自分たちが使った学費ですからね。

全額とは言いませんが、少しくらいは、お金を出してもいいんじゃないでしょうか?

あとは、食費、通信費、こづかいなどを、削るしかないですかね・・・

それでも、老後資金を貯めるのは、むずかしいかもしれませんね。

教育ローンを借りてまで行くか?

僕は、『そんな大金を借りてまで、行く必要ある学校なのか?』って思います。

進学するにあたって、子供とちゃんと話し合わないといけませんよね。

具体的に、『○○円の学費がかかる』とか『教育ローンで○○円借りなければいけない』とか、経済的なことも話しておいた方がいいです。

さらには、『奨学金を借りてほしい』とか子供への負担も、お願いすべきだと思います。

我が家の娘は、奨学金を借りて、専門学校に通っています。

当然、働きだしたら、自分で返済しないといけないことも理解しています。

彼女は、『それでも、専門学校に行きたい!』と言ったので、僕は許可を出しました。

『教育費は、無限ではない!』ってことを、子供には理解させる必要があります。

お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ武器にしろ。 (ポプラ新書)

最後に

子供に、お金をかけすぎると、アーリーリタイアは遠のいていきます。

学費なんて、ほどほどでいいと思います。

だって、大学卒業して就職しても、3年以内に30%くらいは離職する時代です。

勉学にお金をかけても、あまり、意味ない時代じゃないですかね?

当然、子供が勉強したいと言えば別ですよ~。

教育費と住宅費は、アーリーリタイアの天敵ですので、ご注意ください!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。