レバナス・NASDAQは買い増しか?僕が考える買い増しポイントとは。

 

こんにちは。たかです。

ロシアとウクライナの戦争は、なかなか決着しませんね・・・

この戦争の落としどころは、どこになるんでしょうか?

一般国民の為にも、1日も早く、戦争はやめてほしいものです。

戦争の影響もあってか、アメリカ株も、上がったり下がったりで方向性がつかめません。

そんな中、3月3日・4日のNASDAQは、下落しました。

もしかしたら、このまま、下落していくのかもしれません・・・

僕が保有しているのはインデックスファンドなので、どんなに下落しても、損切りしたりはしません。

下がったら買う、下がったら買う。

これを繰り返すだけです(資金が枯渇するまでは・・・)。

では、どこのポイントで買い増しをするのか?

今日は、その辺りについて書いてみたいと思います。

資産状況

まずは、今の資産状況について書いてみたいと思います。

eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)

・総投資額:1,800,000円

・基準価格:17,583円

・取得単価:17,063円

・評価損益:+54,765円(+3.0%)

iFree NEXT NASDAQ 100

・総投資額:1,800,000円

・基準価格:19,182円

・取得単価:20,440円

・評価損益:-110,416円(-6.2%)

iFree レバレッジ NASDAQ 100(レバナス)

・総投資額:2,000,000円

・基準価格:30,188円

・取得単価:38,340円

・評価損益:-425,251円(-21.3%)

前回、ご紹介した時より、若干、含み損が増えましたね・・・

やはり、NASDAQの下落が大きいので、僕にとっては、ダメージがデカいです。

このまま放置して、株価が上がってくるのを待つだけでも良いんですが、ナンピンした方が、回復は早くなります。

まあ、逆に、傷口を広げることになるかもしれませんがね・・・

では、どこで買い増しするか?

週足RSIを基準に

基本的には、僕は、週足RSIが40未満になった時に、買い増しを考えています。

前回、週足RSIが40未満になったのは、2月11日です。

この日のNASDAQの終値は、14235.84ポイントでした。

とりあえず、この時、レバナスを20万円分、買い増しをしました。

そして、3月4日に再度、週足RSIが40未満になりました。

この日のNASDAQの終値は、13837.83ポイントでした。

ここで買い増しをやってもいいんですが、前回の買い増しポイントから、約3%くらいしか下落していません。

出来れば、前回の買い増しポイントよりも、5%以上は下落していてほしいんですよね・・・

でないと、取得単価を下げることが出来ませんからね・・・

ということで、今回は、買い増しは見送りたいと思います。

次回、週足RSIが40未満になり、NASDAQの終値が13500ポイントを下回るようであれば、買い増しをやっていきたいと思います。

最後に

積み立て投資をやっている方は、『どこで買うか?』なんて、迷うことありません。

購入する日を決めているはずですからね。

なので、積み立て投資は、淡々と入金する事が出来るので、非常に有効な投資法だと思います。

でも、積み立て投資って、退屈なんですよね・・・

株価の上げ下げなんか、気にしなくて良い反面、刺激が少ない。

投資に刺激を求めている僕にとっては、ちょっと、ものたりないですかね・・・

みなさんは、どういう投資をやっていますか?

投資方法は、人それぞれです。

投資方法に、正解・不正解は無いと思います。

自分に合った投資法で投資することが、いちばん良いですね。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。