長期投資は間違い?3か月投資が正解だって?素人とプロは違いますよ!

 

こんにちは。たかです。

今日、こんな記事を見ました。

『投資の不都合な真実…日本人が盲信している「長期投資・分散投資なら安心」は大間違いである』です。

投資をやっている方なら、『えっ?そうなの?』ってなりますよね。

一般的には、長期・分散投資が勧められていますから。

では、『なぜ、長期投資がダメなのか?』について、書いてみたいと思います。

30年後の経済なんて誰も予測できない

この記事を書いているのは、あの『荻原 博子さん』です。

長期投資がダメな理由を、荻原さんは、こう言っています。

『投資は、今ではなく将来を予想してやるものですが、1年後の状況はなんとなく予想できても、30年後の経済がどうなっているのかなどを予想できる人は、たぶん1人もいないのではないかと思います』って。

さらに、『30年前に6%ほどあった銀行の定期預金の金利が、30年後にゼロ金利になり、4万円近かった株価が2万円台にまで落ちるなどと予想できた人は、1人もいませんでした』だって。

これって、日本のことなんですかね?

まあ、日本みたいな株価の動きをしている国って、あまり無いと思います。

日本は、バブル崩壊後、すっと右肩下がりの株価でしたからね。

それでも、2012年あたりからは、右肩上がりになっています。

逆に、多くの国の株価は、だいたい、右肩上がりなんです。

中でも、アメリカの株なんか、メチャクチャ右肩上がりですよ。

長い目で見れば、株価は、上がっていくんです。

なので、将来のことは分からないから、『長期投資は危ない!』っていうのは、ちょっと、違うような気がします。

3か月の短期投資がおすすめ?

荻原さんのお勧めは、こんな感じです。

『 じつは、「投資」では、3カ月くらいの短期で利益を追っていくことのほうが正しいのです。なぜなら、めまぐるしく変わる経済状況の中では、20年先、30年先のことなど誰も予測できないからです』だって。

ん・・・荻原さんは、3か月先の株価が分かるんでしょうか?

だったら、今日の株価なんて、ドンピシャリ当てること出来るんでしょうね・・・

ハッキリ言って、3か月先の株価を当てることが出来る人なんて、ほとんどいないと思います。

当てることが出来る人は、とっくの昔に億万長者です。

そんな人、ほとんどいませんよね。(ゼロだとは言いませんが)

そのくらい、株価を当てることって難しいんです。

だから、素人は『長期投資』をするんです。

長期投資の方が、株価が上がる確率が高いんですね。

最後に

荻原さんって、ご自分で、株式投資やっているんでしょうかね?

もし、やっているのなら、メチャクチャ優秀なトレーダーだと思います。

3か月くらいの短期トレードで、バンバン利益を上げることが出来るのなら、プロですよね。

しかし・・・

本職は、経済アナリストですから、評論家でしょ?

こういったウソの記事に騙されないようにしてほしいですね。

でないと、素人の投資家が、お金を失ってしまいます。

これって、ホントに罪だと思います。

退職金を使って、3か月単位でトレードなんかしたら、あっという間に、スッカラカンです。

ド素人の投資家は、S&P500やNASDAQに連動するETFや投資信託に、積み立て投資すればいいんです。

そして、お金が必要になったら、必要な分だけ利益確定し、お金を取り出せばいいんです。

あとは、死ぬまで、投資を続けておけば、お金は勝手に増えるはずです。

ガチャガチャやればやるほど、損をするのが、素人の投資だと思います。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。