消費税を1年間限定で8%へ減税?何のためにやるの?もう、終わっとるな・・・

 

こんにちは。たかです。

さっき、こんなニュースを見ました。

『消費税率8%に引き下げを 自民保守派』です。

この記事には、こんなことが書かれています。

自民党保守派議員でつくる「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」は25日の総会で、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済の悪化を踏まえ、消費税率10%を来年1年間限定で8%に引き下げる法案を提示した

みなさん、どう思いますか?

消費税を1年間だけ、10%から8%に下げるみたいです。

ん・・・ちょっと、僕が思ったことを書いてみます。

何のためにやるの?

消費税減税って、なんのためにやるんですかね?

経済悪化のため、減税するんですよね。

経済を活性化したいわけですよね。

だって、GDPが、ものすごく下がっていましたからね。

では、2%下げたからって、消費が活発になりますかね?

そもそも、食料品は消費税8%ですから、全然影響ありません。

他のものは安くなるわけですが、効果はかなり限定的だと思います。

消費税ゼロでいい

1年間限定でやるのなら、消費税ゼロにしたらどうなんですかね?

かなり、消費は活発になると思います。

消費税がゼロになるってことは、直接国民に、お金を配っているのと同じことです。

たとえば、食費が月に43,200円かかっていたとします。

消費税がゼロになれば、40,000円で済むわけです。

3,200円だけ、生活費が減ったんです。

これって、毎月、国が国民に3,200円を配っている事と同じじゃないですかね?

そうすると、この3,200円を外食に使うようになるかもしれません。

ってことは、外食産業が潤い始めるわけです。

こうやって、経済がまわり始めると思うんですね。

でも、消費税ゼロっていうと、こんなことを言う人が出てきます。

『消費税の穴埋めをする財源は、どうするんだ!』って。

そんなの、国債を発行すればいいんですよ。

国が借金をして、景気を上向きにしないと、誰もお金を借りようとしません。

そうしないと、景気は良くならないと思います。

デフレじゃない?

最近では、『日本はデフレじゃない!』なんてことを言う人が増えてきたような気がします。

ちょっと、ビックリですが・・・

そういう方って、こんなことを言っています。

『ガソリン代、電気代、ガス代なんか、上がっているじゃないか!』

『物価が上がっているから、日本はデフレじゃなく、インフレだ!』だって。

もう、メチャクチャです。

たしかに、前年より物価は上がっています。

それは、何故なんですかね?

答えは簡単です。

それは、消費税を上げたからですよね。

税金を上げて、無理やり物価を上げているだけです。

ここ20年くらいの『コアコアCPI』という、生鮮食品及びエネルギーを除いた消費者物価指数は、ほとんど上がっていません。

なので、間違いなく、日本はデフレ経済になっているんです。

最後に

『消費税ゼロ!』、『緊縮財政反対』、『財政出動の実行』なんていう政党、どこか出て来ないですかね・・・

そして、国民が豊かに安心して暮らせる国にしてくれませんかね。

国民を貧困にして、どこかの誰かさんだけが儲かるような国は、おかしいと思います。

スーパーシティー法とか水道法改正とか・・・

やりたい放題ですよね、今って。

すみません。

また、愚痴ってしまいました。

ですが、みなさんは、消費税って必要だと思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。