インデックス投資をガチホするやつはバカなのか?特にレナバス民は・・・

 

こんにちは。たかです。

今年に入ってから、アメリカ株は、すごい勢いで下落しています。

昨日は、最終的にはプラスで終わりましたが、途中はかなり下落していたようです。

ボラティリティが激しいですね・・・

最近、YouTubeを見ていると、こんな内容の動画を目にします。

『NASDAQオワコン!』とか『レバナス民、退場。。。』とか・・・

なかには、『インデックスをガチホするヤツ、バカ』なんて内容のものもあります。

ホントに、NASDAQやレバナスって終了なんですかね?

インデックスをずっと持ち続けることって、間違っているんでしょうか?

今日は、この辺りについて、僕の考えを書いていたいと思います。

市場は上がる

結論から言えば、僕は、インデックス投資のガチホは、正解だと思っています。

なぜ、そう思うのか?

それは、まだまだこれから先、世界の人口は増加し、経済発展すると思っているからです。

人口が増加し、経済が発展すれば、流通するお金の量は増えていくわけです。

お金の量が増えるということは、その一部は、投資にまわっていくはずです。

投資にまわるお金が増えるということは、値段が上がるということです。

株であれ、不動産や暗号通貨であれ、需要が増えれば値段は上がります。

逆にお金の流通量が減れば、値段は下がるわけです。

今、FRBが利上げやQTを行おうとしています。

そうなると、これから先、お金の量が減っていきます。

すると、株価が下がっていきますから、今、売られているんだと思うんです。

しかし、年月が経過すれば、また、お金の量は増えていきます。

すると、株価は上がっていくはずです。

僕は、こういうことを考えているので、インデックス投資信託をガチホしようと思っています。

目線が違うだけ

インデックス投資のガチホをバカにしている人は、短期目線での取引をしている人が多いように思います。

動画を見ていると、こんなことを言っている人がいました。

『なぜ、下落すると分かっているのに、売らないのか?』って。

たしかに、下落するのなら、売ったほうがいいですよね。

利益が出ているのなら、今すぐに売って、利益を確保したほうがいいです。

なので、間違っているわけでは無いと思います。

しかし、これは、短期目線での利益確保を目指した考え方です。

一方、長期で利益を得ようとしている僕からすれば、下がった時に買い増しすればいいと思っているわけです。

10年後は、今の株価よりも上がっていると思って投資をしていますから、今売るのは、僕にとっては、得策ではないんです。

10年後に、少しづつ、売却する方が、僕にとって最良の方法なんです。

さらに言えば、長期目線の僕からすれば、こんなことも考えてしまいます。

株を売った後どうするのか?

再度、買い直せばいいんでしょうが、どこで買えばいいのか?

もし、買った後、すぐに下落していったら、どうするのか?

そんなことになったら、『あ~、買うんじゃなかった・・・』ってなりそうです。

だれも、大底なんてわかりませんからね・・・

最後に

投資って、やり方は、人それぞれだと思います。

なので、その人の投資スタイルについて、否定的なことを言うのは、良くないと思いますね。

まあ、動画の再生数を上げるためにやっているのかもしれませんが・・・

今週は、ナスダック銘柄の決算発表もありますし、パウエルさんの発言もありそうです。

荒れる1週間になるかもですね・・・

あと数%、NASDAQが下落したら、レバナスを買い増ししていこうと思っています。

僕は、バカですから!

本日も最後までお付き合いありがとうございました。