景気後退がやってくる?株価の下落対策は、どうする?

 

こんにちは。たかです。

ネットで記事を読んでいると、『リセッションの始まり!』とか『ハリケーンはすぐそこにある!』とか、景気後退を示唆するものが増えています。

FRBが金利を上げていますので、だんだんとアメリカの景気も悪くなっているのかもしれません。

いまのところ、いろんなデータを見ても、景気が悪くなっているようには見えませんが。

ですが、この先どうなるか、僕みたいなポンコツにはよく分かりません。

ならば、どうするか?

やはり、『備えあれば憂いなし』の精神が大事になるんでしょうか。

景気後退したら?

過去のアメリカの景気後退局面では、株価は、暴落しています。

直近では、『コロナショック』ですが、その前は、『リーマンショック』や『ITバブル崩壊』がありました。

SP500の暴落率を見てみると、こんな感じです。

ITバブル崩壊:約50%下落

リーマンショック:約55%下落

コロナショック:約30%下落

ザックリなので、正確な下落率ではありませんが、約50%くらいの下落は覚悟しないといけません。

NASDAQ100では、ITバブル崩壊時には、約80%近く下落していますからね・・・

このような下落時と比べれば、今はまだ、かわいいものかもしれません。

では、対策はどうしたらいいのか?

対策は?

もし、ホントに景気後退がやってきて、株価が暴落すると思うのなら、対策が必要になると思います。

その対策は、何か?

方法は、3つあると思います。

◉方法その1:売る

◉方法その2:ホールド

◉方法その2:買う

今、損をしていても、売ってしまえば、精神的には楽になれます。

どこまで下がるか分からない株を保有するよりは、いいかもしれません。

ただし、損確定にはなりますがね。

次に、そのままホールドするという方法もあります。

『いつか、株価は上がってくる!』と信じているのであれば、これも一つの方法になるでしょう。

ですが、ずっと含み損をかかえている状況に耐えられるか・・・

かなりの精神力が必要になるような気がしますね。。。

最後に、買うという方法があります。

この方法は、度胸とお金が必要になります。

どこまで下がるか分からない株を買い続けるわけですからね・・・

さらに、買い増しするお金も必要になります。

でも、うまくいけば、取得単価を下げることが出来ますので、株価が上昇してきたら、爆益が得られるかもです。

しかし、株価がさらに下落すれば、含み損は、どんどん拡大します。

やはり、『将来、株価は上がる!』と信じられないと、この方法は出来ませんね。

最後に

では、僕はどうするつもりなのか?

答えは、『方法その3』です。

買い増しを考えています。

このまま、リセッション入りするのなら、株価が暴落したところで、買い増しを行っていきます。

その為の資金も、準備しました。

といっても、少額ですがね・・・

でも、まったく買わないよりは、マシだと思います。

僕が保有しているファンドは、SP500やNASDAQ100に連動するものばかりです。

なので、いつかは、かならず、上昇してくると信じています。

もし、そうならなかったら、あきらめるしかないですね。。。

ということで、2022年は、仕込みの時期にしたいと思います。

ホントに、大丈夫かな・・・

本日も最後までお付き合いありがとうございました。