56歳で住宅ローン残3000万円って、大丈夫なんだろうか?

 

こんにちは。たかです。

みなさんのご家庭には、借金ってありますか?

金融広報中央委員会が公表した『家計の金融行動に関する世論調査』の内容です。

それによると、借入金のある世帯の割合は、前年より0.9ポイント増え41.8%だったそうです。

約半数のお宅は、借金があるってことですね。

平均借入額は、前年より113万円増えて1587万円なんだそうです。

そのうち、住宅ローンは、前年より49万円増えて1399万円になっているみたいです。

借金のほとんどは、住宅関係ってことなんでしょうか?

さて、今日こんな記事を目にしました。

『夫は56歳、住宅ローンは3000万円弱残っています』です。

ん~、定年まで、あと4年です。

借金が3000万円。

ちゃんと、返せるんでしょうか?

登場するご家庭は?

旦那さん56歳、奥さま44歳、お子さんはいません。

月の収入は、旦那さん35万円、奥さま6万円ですので、世帯としては41万円の収入があります。

ボーナスは、年に200万円もあるようです。

貯金は、投資も含めれば、870万円あるみたいです。

年金額は、旦那さん205万円、奥さま58万円のようです。

支出は?

このご家庭の支出は、こんな感じです。

・住宅コスト:10万8000円

・車両費:3万2000円

・食費:7万円

・光熱費:1万7000円

・通信費:1万4000円

・趣味娯楽:1万4000円

・こづかい:2万8000円

・雑費:1万4000円

・保険:4万5000円

合計すると、34万2000円になります。

月の収入が41万円ですから、41万ー34万2000円=6万8000円の貯金が出来ますね。

さらに、ボーナスからは、100万円の貯金をしているそうです。

現在、住宅ローンが3000万円ほどあるようですが、完済の予定は、79歳なんだそうです。

みなさんは、支払っていけると思いますか?

60歳の時の貯金はいくら?

旦那さんが定年まで、あと4年あります。

それまでに、いくら貯金が出来るでしょうか?

月の貯金が6万8000円ですから、年間では、6万8000円×12か月=81万6000円になります。

それに、ボーナスからの貯金100万円を加えると、181万6000円になります。

それが、4年間ですので、181万6000円×4年=約726万円の貯金が出来るようです。

さらに、退職金が1700万円出るんだそうです。

それに、現在の貯金を合わせてみると、726万円+1700万円+870万円=約3300万円になります。

これが、60歳時点での貯金額になりそうです。

生き延びれるか?

60歳から65歳までは、貯金のみで生きていきます。

ってことは、34万2000円×12か月×5年=約2050万円が必要になります。

そうなると、65歳時点の貯金額は、3300万円ー2050万円=1250万円という事になります。

ここから、旦那さんの年金205万円で生きて行けば良いわけです。

年の生活費は、34万2000円×12か月=約410万円かかります。

年金だけでは、約200万円、足りませんね・・・

貯金を切り崩していくと、1250万円÷200万円=約6年で底をついてしまいます。

旦那さんが71歳の時に、貯金ゼロってわけです。

どうやら、住宅ローンを支払いながら、生き延びることは、出来そうにありませんね。

対策はあるのか?

対策は、『収入を上げるか?』、『支出を減らすか?』ですよね。

あるいは、その両方になります。

今回の場合、60歳時点の貯金が約3300万円ありますので、一括返済することができます。

ただし、貯金はほぼゼロになりますので、働くしかありません。

そして、65歳になれば、年金の範囲内で生きていくしかないでしょうね。

その為には、生活コストを抑えるしかありません。

それが出来なければ、破産することになるでしょう。

住宅ローンの強化書

新品価格
¥1,650から
(2019/12/14 17:58時点)

最後に

夫婦2人で、3000万円もするような住宅は必要ありません。

贅沢な家を買ったばかりに、働かなければいけない。

生活コストも抑えないといけない。

そんな生活よりも、安い家を買って、ちょっとゆとりのある生活をした方が良くないですかね・・・

しかも、無職で自由な時間を持つ生活の方が、良くないですか?

今の日本人の借金の多くは、住宅費のようです。

『家を買うのに借金をするのは当たりまえ!』っていうのは、ちょっと、気を付けたほうがいいような気がします。

家は、お金を産み出しませんので、できるだけ、もたない方がいいかもしれませんよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。