ワクチン2回接種と3回接種で、違いは出るのか?多様な抗体産生だって?

 

こんにちは。たかです。

みなさんは、コロナワクチンの接種はされましたか?

僕は、1度も打ったことありません。

だって、他人と接することが無いので、感染する確率が低いと思ったからです。

そして、僕の予想どおり、この数年、1度も発熱していませんし、嗅覚障害なども起こしていません。

まあ、僕みたいな生活をしている人って、ほとんどいないでしょうから、なんの参考にもなりませんね。

そんな中、こんな記事を見ました。

『「4回目のワクチンは“ほぼ全ての人”にとって不要かもしれない」と免疫の専門家が語る理由』です。

さすがに、4回目は、無いと思うんですがね・・・

多様な抗体を産生する?

この記事の中に、こんなことが書かれていました。

『オミクロン株は、2回目のワクチン接種後に作られる抗体を回避する。だが最新の研究では、ファイザー社やモデルナ社などのmRNAワクチンを3回接種すると、体内でより多様な抗体が作られるようになることがわかり、「元の新型コロナウイルスとは異なる変異株からも人々を守ってくれる」という期待が見えてきた』だって。

要するに、どんなにコロナが変異しても、それに対応する抗体を作るってことです。

ってことはですよ、もはや、風邪もひかなくなるってことです。

いろんなウイルスに対して、抗体を作ってくれるわけですからね。

病気しなくなるってことです。

人間の抗体は、ウイルスだけに作用するわけではありません。

がん細胞にだって、関係してくるんです。

ということは、がんにもならなくなるってことかもしれません。

これは、朗報ですね。

しかし、そんなはずありません。

逆に言えば、多様な抗体が出来るってことは、正常な細胞へも、攻撃してしまうかも知れないんです。

このような状態になったら、それは、病気です。

その病気のことを『自己免疫性疾患』と言います。

『自己免疫性疾患』の代表的な病気としては、関節リウマチなんかが上げれらます。

もしかしたら、3回ワクチンを打ったら、関節リウマチのような、自己免疫性疾患になってしまうかもしれませんね・・・

なんだか、恐ろしい記事です。

イスラエルはどうなった?

コロナワクチンをガンガンに打っていた国と言えば、イスラエルですよね。

イスラエルではすべての成人に対し、4回目の接種を推奨しているらしいです。

しかし、現実はどうなんでしょうか?

先日、イスラエルの人が、YouTubeでイスラエルの感染状況の説明をしていました。

その人の話によれば、今のイスラエルでは、ワクチン接種はほとんどやってないらしいです。

その理由は、『効果がないから』なんだそうです。

医者がそう言っているので、打つ人が減ってきているようですね。

感染者数も死者数も増えてはいますが、そこまで、急増って感じではないですね。

最後に

世界的には、コロナ騒動は、おさまりつつあります。

行動制限なども、無くなってきていますよね。

まあ、日本の場合は、逆行していますが・・・

11歳以下の子供にワクチンを打つかどうか話題になっていますが、なやましいですね。

子どもに判断を任せるわけにもいきませんし、かといって、子供の意思を無視するのも、どうかと思います。

ん・・・僕なら、打たせないかな。

みなさんは、どう思いますか?

本日も最後までお付き合いありがとうございました。