投資で必ず勝つ方法なんてあるのか?その方法とは、○○○○○法らしいが・・・

 

こんにちは。たかです。

もし、投資で必ず勝つ方法があったら、みなさんなら、実践しますか?

僕ならやってみたいと思います。

少額からやってみて、実際に負けないようであれば、金額を増やしてやってみたいですね。

今日、こんな記事を見たんです。

『投資で「必ず勝つ」たった1つの方法とは?』です。

なんと、たった1つだけ、投資で勝てる方法があるようです。

しかも、『必ず』です。

では、どういった投資法なんでしょうか?

ドルコスト平均法?

早速ですが、必ず勝てる投資方法について書いてみたいと思います。

その答えは、『ドルコスト平均法』なんだそうです・・・

ドルコスト平均法って、みなさんもご存知ですよね。

簡単ですが、説明したいと思います。

ドルコスト平均法とは、『価格が変動する金融商品を一定期間、一定額を継続的に購入する方法のこと』なんだそうです。

たとえば、『毎月1日の日に、1万円を株式に投資する!』みたいなイメージですね。

そうすれば、株価が高い時も安い時も買うことになります。

株価が高い時に買えば、買える株数は少なくなりますが、逆に、株価が安い時に買えば、買える株数は多くなるわけです。

このドルコスト平均法のメリットは、こんな感じでしょうか?

◉高値掴みのリスクを軽減しやすい

◉買うタイミングを悩まない

◉長期に投資できる

しかし、ホントに必ず勝てるんですかね?

必ずは勝てない!

たとえば、ずっと右肩下がりの株をドルコスト平均法で買付したら、どうなるでしょうか?

ずっと下がりっぱなしですから、まず、勝てるはずありません。

そんな株、たーくさんありますよね・・・

僕も、そんな株を買って、大損しました。

なので、ドルコスト平均法をやれば、必ず勝てるとは思いません。

それよりも大事なことは、右肩上がりの株を買うってことなんじゃないでしょうかね?

右肩上がりの株ならば、どんな投資法をやっても勝てるはずですよね。

だって、ずっと上がってるわけですから。

しかし、そんな株ありますかね・・・

みなさんは、どう思いますか?

僕は、ひとつだけあるんじゃないかと思っています。

それは・・・

株式市場を買う

ずっと右肩上がりの個別株って、もしかしたら、あるのかもしれませんが、そんな株を見つけるのは、かなり難しいように思います。

ですが、株式市場はどうでしょうか?

世界の主要取引所の株式時価総額を見てみると、ほとんどのところで、右肩上がりです。

特に、ニューヨーク証券取引所は約3200兆円、ナスダック市場は約2700兆円と巨大な市場になっています。

ちなみに、東京証券取引所は約700兆円くらいです。

一桁、ちがいますね・・・

そして、これらの取引所の時価総額は、多少のデコボコはありますが、ずっと右肩上がりです。

市場が右肩上がりってことは、株価も右肩上がりなわけです。

ってことは、こういった株式市場全体に投資をしておけば、まず、100%勝てるんじゃないでしょうかね。

ただし、たまに下落する時もありますから、その時に売ってしまったら、負けちゃいますが・・・

最後に

僕が思うに、ドルコスト平均法をやっても、必ず勝てるわけでは無いと思います。

そうではなくて、ドルコスト平均法を使って、株式市場全体に投資をすれば、勝てるんじゃないかと思います。

しかし、必ずではありません。

株式市場だって、縮小する時が来るかもしれません。

なので、100%とは言えないと思います。

ですが、個別企業の株を買うよりは、安定していると思いますがね・・・

では、株式市場全体を買うには、どうしたらいいか?

それは、『インデックス投資』をやればいいと思います。

S&P500やNASDAQ100に連動したETFや投資信託があります。

それらにドルコスト平均法を使って、投資すれば良いだけですね。

そして、お金が必要になるまで、決して売らない。

これが出来れば、まず、負けることはないんじゃないですかね。

でも、これって、ホントに難しいです。

株価が下がり、含み損が出ると、つい、売ってしまうんですよね・・・

いちばんの敵は、『弱気になる自分の心』かもしれません。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。