こんな人ってホントにいるんだろうか?家を買う時はライフプランを描いて。

 

こんにちは。たかです。

今日、ネットを見ていたら、こんな記事を見つけました。

『年収200万円下がった50代、住宅ローン地獄に…最大の後悔とは?』です。

コロナの影響で、住宅ローンの返済が出来なくなっている人もいるそうです。

まあ、これは仕方がないですよね・・・

『まさか、ウイルスで、こんなことになるなんて・・・』って感じです。

でも、そのまさか!が起こるので、注意が必要なんだと思います。

この記事に出てくる方も、『まさか、年収が下がるなんて・・・』だったんじゃないですかね。

ですが、この方の誤算は、それだけじゃないんです。

登場する方は?

56歳の男性です。

3人目のお子さんが生まれたのは、39歳の時。

その時に、約4000万円のマンションを購入されます。

35年のフルローン。

固定金利2.9%だったそうです。

月の支払いは、約15万円だったようです。

当時の年収は800万円。

ボーナス無しとして、月の手取りは55万円くらいでしょうか?

ん~、僕なら、ちょっと、考えますね・・・

だって、35年フルローンって、何歳まで支払うのか?

74歳まで、ローン返済をするわけです。

どうやって、74歳でローン返済するんだろうか?

年金から払う気なのか?

そんなの無理。

計算があまい

この方の誤算は、ここから始まります。

なんと、マンションの管理費や修繕積立金、駐車場代を考えていなかったみたい。

これらを含めると、月に支払う住居費って、約20万円くらいになったそうです。

まあ、都心だったら駐車場代だけでも、かなりの額になるでしょうからね。

マンションを買う方は、管理費や修繕積立金、駐車場代は考えておかないといけません。

戸建ての場合は、メンテナンス費ですね。

なんのために生きているのか?

次の誤算は、年収のダウンです。

なんと200万円もダウンしてしまったらしい。

サラリーマンは、こういったことは考えておかないといけませんね。

ずっと、お給料が上がり続けるなんて、昔話でしかありません。

ですが、まだ、良い方ですよね。

下手すりゃ、今はリストラされる時代なんですから。

そうなったら、年収ゼロですからね。

年収が200万円ダウンってことは、600万円になったってことです。

ってことは、手取りは約40万円くらいになったんですかね。

その中から、住居費20万円を払ったら、生活は大変でしょう。

お子さんが3人もいますし。

では、この方は、どうしたのか?

なんと、土日にアルバイトをして、年間150万円を本業以外に稼いでいるそうです。

ん・・・

こんな生活をしていると、なんのために生きているか、分からないですよね。

マンガ はじめて家を建てました!?いちばん最初に読む家づくりの入門書

新品価格
¥1,572から
(2020/6/13 16:08時点)

最後に

現在、この男性は56歳です。

住宅ローンが完済するのは74歳。

ってことは、あと18年、借金を返済しないといけません。

どうするんですかね・・・

もしかしたら、4年後に定年になるかも。

再雇用されたとしても、年収は下がるでしょう。

アルバイトも74歳までやるのかな・・・

ん・・・

やはり、家を買う時は、ちゃんとライフプランを描いておかないといけませんね。

『なんとかなる!』では、なんともなりませんから。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。