こんな家計簿ってあるの?家なんか、買わない方が良い。借金するだけ。

 

こんにちは。たかです。

家計簿のつけ方って、家によって、それぞれじゃないかと思います。

中には、『家計簿なんか、面倒だから付けてないわよ!』なんていうご家庭もあるかもしれません。

今日、こんな記事を見ました。

『35歳、貯蓄15万円。3年以内にマンションを買いたいが・・・』です。

35歳で貯金15万円・・・

『3年以内にマンションを買う!』って言ってますが、ちょっと、不安になってしまいます。

さて、どんな家計なんでしょうか?

登場する方は?

35歳の独身女性です。

現在は、ご両親と同居されているようです。

月の収入は20万円、ボーナスは66万円あるんだそうです。

年収にすれば、約400万円くらいでしょうか?

貯金は、タイトルにあるとおり、15万円なんだそうです。

貯金は少ないけど、マンションでも買って、ひとり暮らしがしたくなったんですかね・・・

支出は?

さて、支出はどうなんでしょうか?

・食費:1万円

・趣味娯楽:3万円

・こづかい:2万円

・雑費:1万3000円

・保険料:1万2000円

合計すると、8万5000円になります。

月の収入は20万円ですから、20万円ー8万5000円=11万5000円は貯金することが出来ます。

でも・・・

現在の貯金は、15万円です。

なんと・・・

この11万5000円は、使途不明金なんです。

ちなみに、ボーナスから15万円を貯金しているそうです。

年間のボーナスは66万円ですから、66万円ー15万円=51万円も貯めることが出来るんです。

でも・・・

貯金は、15万円。

なので、この51万円も、使途不明金なんです。

年間では、11万5000円+51万円=62万5000円が、使途不明金ってことになります。

家なんか買わない方が良い

35歳で、これだけ雑な家計管理をしているのなら、家は買わない方が良いと思います。

家を買うとすれば、当然ながら、何千万円も借金をするわけです。

なのに、こんな雑なことをしていたら、返済できなくなります。

『いやいや、家を買ったらちゃんとするから!』って言うかもしれません。

ですが、もし、出来なかったらどうするのか?

せっかく買った家を売り払っても、借金は残ってしまうでしょう。

だったら、賃貸生活の方が安全だと思うんですが・・・

もし買うとしたら?

仮に、2000万円の物件を購入したとします。

借入金2000万円で、定年の60歳までに支払いを終わるようにします。

すると、あと25年で完済しないといけません。

ざっと計算すると、月の支払額は、約8万円くらいです。

管理費等入れれば、月10万円くらいは住居費として、必要になるでしょう。

そうなると、月の生活費は、8万5000円+10万円=18万5000円になります。

月の収入は20万円ですから、20万円ー18万5000円=1万5000円を毎月貯金することが出来ます。

年間では、1万5000円×12か月=18万円を貯めることが出来そうです。

ボーナスも、全額貯金することが出来れば、年間で66万円を貯めることが出来ます。

合わせれば、18万円+66万円=84万円も貯金することが出来るんです。

これを定年までの25年間継続すれば、84万円×25年=2100万円も貯めることが出来ます。

年金支給まで、アルバイトなどで稼ぐことが出来れば、老後も安心かもしれませんね。

図解・最新 難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!

新品価格
¥1,078から
(2020/5/2 15:05時点)

最後に

『家計簿はつけなくても、お金は貯まる!』なんていう記事をよく見かけます。

全てを否定する気はありません。

ですが、家計簿をつけなくても、お金の貯まる人って、そもそも、お金を使わない人なんです。

だから、家計簿をつける意味が、あまり無いんです。

ですが、年間60万円以上も、何に使ったか分からないような人は、ちゃんと家計簿をつけたほうがいいです。

そうすれば、かならず、お金は貯まっていくはずです。

『どうして、お金が貯まらないんだろう・・・』って思っている方は、まずは、家計簿をつけてみることをお勧めします。

きっと、問題点が見つかると思いますよ。

本日も最後までお付き合いありがとうございました。